パソコン

LG Ultra PC(AMD Ryzen 5)をメインパソコンに迎える

71qYklPXIxL._AC_SL1500_

僕の使用パソコンの構成構成は下記のようでした。

・メイン
DELL「Inspiron 15 3000シリーズ (3567)」

・モバイル
ASUS「E203MA-4000W」

メインの方は重すぎて実際にはモバイルの方を使っていました。Lightroomも回るので基本的に困ることはありませんでした。ただ他のもう少し写真編集や動画編集をしたいと思うと心元無いので思い切って、メインとモバイル両方を兼ね備えたパソコンを探しました。

今回見つけたのが、LG Ultra PC(13U70P-GR54J)です。

メーカー ‎LG
シリーズ ‎Ultra PC
CPUブランド ‎AMD
CPUタイプ ‎Ryzen 5 4500U
CPU速度         ‎2300 MHz
メモリ容量 ‎8 GB
SSD容量 ‎        512 GB
バッテリー寿命 ‎15.5時間
商品の寸法     20.7 x 30.7 x 1.5 cm
商品の重量 ‎980 g

一番はCPU性能の高さです。2番目は重さ、1kgを切っています。15.5時間のバッテリーもいい感じです。これならメインパソコンとしても十分に活躍できる上、軽いので持ち歩きも可能です。毎日持ち歩く僕の相棒になりそうです。

エンポリオアルマーニのスマートウォッチ「ART5006J」をゲット!

81LHJZuQwhL._AC_UL1500_

先日Fossilのシルバーのスマートウォッチが壊れ代替品が黒いものになったことをこちらで書きました。黒い時計も悪くは無いのですが、僕はどうしてもシルバーの時計が好きです。

代替品には無かったですが、壊れる前のと同じ時計もネットでは売っているのでそれを買うことも考えましたが、同じものではつまらないので少し探すことにしました。

ブランド品にはあまり興味は無い方ですが、エンポリオアルマーニのスマートウオッチ「ART5006J」をみつけて買いました。エンポリオアルマーニと言えば無知な僕でも知ってる有名ブランドです。デパートの1Fでよく見るあれですよ。

ただ時計は、そんなに高く無いようです。セールになっていたので普通のスマートウオッチと変わらないくらいの値段でした。Wear OSなので出来ることなどはFossilと変わりませんが、文字盤はエンポリオアルマーニの物が入っていてオシャレです。ただ充電器がFossilと同じだったのでもしかしたらOEM製品なのかも知れません。

まあ、僕的にはシルバーのスマートウォッチが入手できたので大満足です。

LINE liteを使って1つのスマホで2つのLINEアカウントを使い分ける

10588119_1598009005_001558000_0_1200_888

僕は、プライベートのLINEと仕事用のLINEの2つのIDを使っています。何故かと言うと休みの日に仕事のLINEを受けたくないからです。

そのため普段から2台のスマホを持って歩いています。仕事のある日は食事の時も2台持ち歩いています。休みの日はプライベート用しか持ち歩かないようにしますが、仕事のLINEが来ていたらどうしようとちょっと不安になります。

色々考えたら1台のスマホで2つのLINEを見れたほうが便利なのでは無いかと思いました。その手のアプリはいくつか存在することは知っていましたが不具合が多いという噂を見ていたのでちょっと心配でした。色々調べるとLINE liteというアプリが公式から出ていることがわかりました。ただ「Playストア」には僕の機種の場合表示されません。ただ普通に検索すると見つけることが出来るのでインストールは簡単にすることが出来ました。

これで1台のスマホで2つのLINE IDを使うことが出来るようになりました。LINE liteが「Playストア」でダウンロードできないのがちょっと気になりますが一度入れてしまえば関係ないのでLINEアカウントを2つ持っている方はぜひ試してみてはいかがでしょうか?

スマホを「OPPO A5 2020」に乗り換える

20191015152942

僕はスマホの回線はUQモバイルを使っています。10月が切り替えのタイミングだったこともあり先日から乗り換え先を考えていました。前回の切り替え時に他社に乗り換えていく方が特典が多く受けられると聞いていたので回線乗り換えで検討していました。

UQモバイルはパケット加算の対象にならない「節約モード」があるのがとても気に入っています。普段Wi-Fi環境にいるか、WiMAXのモバイルルーターを持っているのでスマホのパケットを無駄に使って課金されないように工夫して使っています。

お店の方に相談したところ機種変更でも割引してもらえるとの話を聞いて一括で購入してしまいました。縛りがあるので1か月分は前の機種代の支払いは必要でしたが、早く新しい機種にしたかったのでそこは払う事にしました。また、WiMAXの電話番号をUQモバイルのマイページで登録すると割引が受けられることも教えてもらいました。

今回の機種は、前の「AQUOS sense2」のように「おサイフケータイ」の機能はついていませんが、「超広角4眼カメラ」搭載で大容量「5000mAhバッテリー」が決め手になりました。画面も大型で「6.5インチ」なのもお気に入りです。

「AQUOS sense2」よりもCPU性能も良いようで動作もサクサクです。また2年ほど僕の相棒として働いてくれると思うので大事に使って行きたいと思っています。

「LINE Clova」からも扇風機を制御出来るようにした話

617Zqu3IBlL._AC_SL1500_

今現在、我が家には下記の3つのスマートスピーカーがあります。

「Google Home Mini」
「Amazon Echo Dot」
「LINE Clova」

wfirex2_topimg

上の2つは対応機種が多いのですが、「LINE Clova」には対応していない物も多いです。家電を操作するにはスマートスピーカーとスマート家電コントローラと呼ばれる機器をリンクをして、家電の赤外線リモコンで操作出来る物を制御するイメージです。僕はラトックシステム「REX-WFIREX2」というスマート家電コントローラを使っています。「LINE Clova」には純正のドッグがあるのでそれを使っています。これらを使ってTVと照明を制御しています。ただこの接続だと赤外線リモコンが付いていない家電の操作は出来ません。

そこで便利なのが、スマートプラグという物です。これはコンセントプラグのような形状になっていて、スマートスピーカーと直接リンクしてコンセントのオンオフが出来る物です。僕は扇風機のスイッチを常にオンにした状態でスマートプラグに指して置き、スマートスピーカーでオンオフをしています。「Amazon Echo Dot」だと「アレクサ・扇風機付けて」というと扇風機が付く状態にしています。

ただ僕の持っているスマートプラグは、「LINE Clova」には未対応でした。そこで対応の物を探していると「Meross」というブランドの物が対応していることがわかりました。これを導入したことに寄って今持っているスマートスピーカーの全てで扇風機を制御できるようになりました。

扇風機のオンオフは「LINE Clova」でしなければ良いだけって説もありますが、そこは使い分けとか面倒なのでお金で解決しようという作戦です。今回3つセットのプラグを買ったので他にもコンセントのオンオフで使える家電を何か繋ごうと思っています。

画像編集ソフト「Luminar 4」で空を自由に変える。

Luminar_4_eye

最近、SNSなどで話題の「Luminar 4」という画像編集ソフトがあります。基本Lightroomのような現像ソフトなのですが、積極的な編集も出来るソフトです。

色々な機能があるのですが、簡単に空の色を変える機能があります。「AIスカイ・リプレースメント」という機能です。テンプレートで空を選んでなじませるだけで簡単に空の雰囲気を変える事が出来ます。テンプレートに無い物は公式サイトで追加購入することも出来ますし、自分で撮った空の画像など他の画像を入れる事も可能です。

MO20190924-00213-1280px

MO20190924-00213

早速、この機能を使って編集をしてみました。元々空が写っている物はテンプレートを選ぶだけで良い感じに空の感じが変わります。(モデルさんはろらんさんです。2枚目が元画像。)

04

02

01

白ホリで撮ったものは背景と人物が被ってしまうのですが、人物をマスクで塗れば人物以外に空を付ける事が出来ました。(モデルさんはめえさんです。3枚目が元画像。)

このソフトを使って色々編集にも力を入れて行けたらと思っています。

スマートスピーカー「LINE Clova」をゲット。

excellar_1100018240 (1)

ちょっと前になるのですが、スマートスピーカー「LINE Clova」を購入しました。スマートスピーカーと言えば「Google Home Mini」、「Amazon Echo Dot」を既に持っていますが、気になって買ってしまいました。

正直、他の2つより機能面や対応機器の種類では劣るのですがLINEのメッセージの送受信が出来るのが気になっていました。また家電操作のドッグも純正で出ているのも良かったです。

使用用途としては、音声で調べ物をしたり、音楽を聴いたり、家電を操作したりという感じですが、それぞれに特徴があるのであったらあったで面白いです。とは言え普通はどれか1種類で良い気がします。

ま、何千円で違いを楽しめたのでそれはそれでありかと思っています。

モバイルPC用にUSB有線LANアダプターを購入。

51f+kMLhbOL._SL1280_

僕は普段の持ち歩き用パソコンとしてASUS「E203MA-4000W」使っています。軽いのでほぼ毎日持ち歩いています。

家でもよく使うのですが、軽さを重視した機種なので優先LAN接続端子は無く、ネット接続はWi-Fiしか使う事が出来ません。普通に使うには全く問題が無いのですが、写真をやっているので撮影データを送ることが多いです。データ送付となるとWi-Fiより優先LANの方が早いし、接続も安定しているのでは無いかと思っていました。

調べてみるとUSB有線LANアダプターは1000円〜2000円で売られているのでこれを買わない手は無いと思いました。BUFFALO「LUA4-U3-AGTE-BK」という機種が1000円ちょっとで売られているので早速購入してみました。

体感として超早くなったという感じではありませんが、値段を考えたら安い投資のような気がします。

Google Home Miniを2台でステレオ化に成功!

1001642435820180312152749_1

先日、Amazon Echo Dot第3世代を2台購入しステレオ化に成功しました。調べてみるとGoogle Home Miniも2台でステレオ化出来ることがわかりました。こちらはGoogle Nest Miniという新機種が出てどこの量販店でも約半額で売られていることがわかりました。ここは在庫がなくなる前に買うしかないと思い買ってみました。

こちらもアプリで簡単にステレオ化することが出来ました。Amazon Echo DotとGoogle Home Miniの両方がステレオ化されたのですが、ストリーミングサービスによりこのステレオ化したものが使えるパターンと使えないパターンがあることがわかりました。参考になるようにリスト化しておこうと思います。

・Amazon Echo Dot第3世代で使えるサービス

 Amazon Music

・Google Home Miniで使えるサービス

 Google Play Music

  Spotify

  YouTube Music<有料のPremiumのみ対応>
  (https://www.youtube.com/musicpremium)

*追記*2019.12.28
Amazon Musicはどちらのスピーカーにも対応していることがわかりました。

Amazon Echo Dot第3世代を2台購入しステレオ化に成功!

6135pkAiGHL._AC_SL1000_

僕は、スマートスピーカーはAmazon Echo Dot第2世代とGoogle Home Miniを持っています。どちらもアレクサ、Googleと声をかけると音楽をかけたり、天気を教えてくれたり、TVを付けたり、照明を付けたりと活躍してくれています。

あるサイトで同じ物を2台揃えるとステレオスピーカーにすることが出来ることがわかりました。ただ僕のEcho Dot第2世代にはその機能が無いそうでした。

そこでキャンペーンでAmazon Echo Dot第3世代を安く購入し、ステレオ化することにしました。音質も第2世代より向上しているうえにステレオになったのでだいぶ良い感じになりました。今後は夜の音楽鑑賞に活躍してくれそうです。

PS>ステレオ再生できるのはAmazon MusicなどAlexaと連携するストリーミングサービスに限定され、Bluetooth経由での音楽再生には対応しないとの事です。これはちょっと残念ですね。

良い所取りの写真編集ソフト「PhotoDirector 365」を導入!

d5271-66-777204-0

先日、「Adobe Lightroom 5」や「SILKYPIX JPEG Photography 9」で現像した後に簡単編集が出来る「PhotoScape X」で積極的な写真加工をすることをここで書きました。それでも充分良いのですが色々調べるともっと良いソフトを見つけました。

今の方法だと「現像」と「編集」を別ソフトで行うことになります。そうすると書き出しを2回することになります。僕はJPEG撮影なので編集を繰り返すと画質はどんどん劣化していきます。となると「現像」と「編集」を両方できるソフトがベストだという結論にたどり着きました。

そこでみつけたのがCyberLink「PhotoDirector」です。「Adobe Lightroom 5」とほぼ同じレベルの「現像」が出来る上に「PhotoScape X」のように簡単操作で「編集」が出来ます。1つ難点を言うと「現像」は問題無いのですが「編集」時の次のエフェクトをかけるときに1次保存ファイルがどんどん増えてしまう事です。これは徐々に慣れていこうと思います。逆にいけているところはAdobe「Illustrator」のように「整列」機能があることです。文字入れをしたときに均等配置、左合わせなどが簡単に出来るのが嬉しいです。

また「PhotoDirector 365」は年間契約で常に最新ソフトが入手できるスタイルです。「Adobe Creative Cloud」と同じタイプの契約です。本来は年間¥4600ですがキャンペーン中なので年間¥3400でした。単体の「PhotoDirector 11」を買うより安い上に特典も多いので良いサービスなのではと思います。

取り急ぎ恒例の編集前後の例を掲載します。

・「PhotoDirector 365」で「現像」のみした画像
asp9_Xex

・「PhotoDirector 365」で「現像」と「編集」をした画像
pZ2q4KWx

今日のモデルさんは「めえ」さんです。ちなみに「めえ」さんはこのブログには2回目の登場です。

「PhotoScape X」で簡単に積極的な画像編集をしてみた。

PhotoScapeX

僕は撮影した写真データは「Adobe Lightroom 5」か先日購入した「SILKYPIX JPEG Photography 9」で編集しています。どちらもRAW現像向けのソフトなので色見や明るさ、簡単なゴミ処理等を大量な写真に施すのに特化しています。

「Photoshop」をバリバリに使いこなすほどのスキルも無いのですが、もう少し簡単にそれっぽい画像編集が出来ると良いなと思っていました。スマホアプリの方が気の利いた編集が出来る物が多いのですが、どれも画質の劣化が激しく満足の行くものがみつかりませんでした。

やはりその辺はパソコンのソフトで探すしか無いという事になり、色々探して「PhotoScape X」というソフトを見つけました。中国製なので昔はスパムが入っているなど散々悪評が書かれていましたが、今はマイクロソフト・ストアでも紹介されているので大丈夫そうです。

「PhotoScape X」

フレーム、ステッカー、光、フィルム調加工などから選んで対応させるだけなのでそれっぽい写真が簡単に出来上がります。文字入れも簡単操作で出来るのも嬉しいです。画質の劣化もあまり無いのも良いです。

先日撮影させて貰った「かい」さんの画像を少し編集してみました。編集前と比較してもらえると結構変わっているのがわかると思います。

・「PhotoScape X」で編集後の画像
MO20190920-00528-re


・編集前の画像
MO20190920-00528


モバイルパソコン用にLexar 512GB MicroSDXCをゲット!

71+lkmLy32L._SL1500_

僕は、作業用のDELLのメインパソコンとモバイル用のASUSのパソコンを主に使っています。撮影の時にもモバイル用のASUSを持って行きます。撮影が終わるとデータを取り込んでWi-Fiがあるときはその場でデータを送っています。

今までは128GBのMicroSDXCをパソコンにさして写真データの一時保存用に使っていましたが、カメラをSONY α6400にしてからデータ量が増して心もとない感じになっていました。

そこでLexar 512GB MicroSDXCを購入しました。今までの4倍の容量があるので一時保存としては充分だと思います。

画像編集用に「SILKYPIX JPEG Photography 9」を購入!

product-jp9-og-image

僕は普段撮影した写真は「Adobe Lightroom 5」を使って編集しています。RAW現像ソフトとしてはバージョンが古すぎて最新のカメラに対応していませんが、僕はJPEGでしか撮っていないので問題無く使えています。

特に不満は無いのですが他のソフトも試してみたいと思って探してみました。「SILKYPIX」は前にカメラを教えてくれたT氏が使っていたのを思い出し使うことにしました。

3種類のバージョンがあるのですが、JPEGでしか編集しないので「SILKYPIX JPEG Photography 9」を購入しました。

「Adobe Lightroom 5」では数字を入力して編集することが多かったのですが、「SILKYPIX JPEG Photography 9」はマウスでスライダーを動かすのがメインのようです。まだ慣れていないのでちょっとやりにくいです。あと現像時間が長いのが難点です。ただ出来上がった画像は人物撮影に向いているようで悪くない印象です。今後は「Adobe Lightroom 5」と併用して使っていこうと思います。

メインパソコン用のマウス・マイクロソフト「モダンモバイルマウス」をゲット!

516rEhQXZgL._SL1200_

僕は主に作業用のメインパソコンをDELL「Inspiron 15 3000シリーズ (3567)」を使い、普段の持ち歩きにはASUS「E203MA-4000W」に使っています。持ち歩き用のパソコンは白なのでマウスはマイクロソフト「Surface モバイル マウス」を使っています。このマウスは大きさは普通のマウスと同じくらいありますが、薄さは半分くらいなので持ち歩きに便利なのでとても気に入っています。

作業用のメインパソコンも週末は持ち歩き、画像編集に使っていますが普通のマウスを使っているので厚さが気になっていました。そこでマイクロソフト「モダンモバイルマウス」の黒を購入しました。このパソコンも黒なので色見もしっかり揃いました。

薄さやカッコ良さでパソコン作業がはかどるわけではありませんが、まずは見た目からという事で・・・。

61niAlcwPjL._SL1500_

PS>「Surface モバイル マウス」と「モダンモバイルマウス」は色見以外は全く同じに見えるのになぜ名前が違うのかちょっと気になります。

スマートバンド「Xiaomi Mi Band 4」を入手

SW-1

僕はWear OS搭載スマートウォッチ「FOSSIL Q WANDER」を使っています。スマートウォッチと言えば「Apple Watch」が有名ですがそれのAndroid版がWear OS(旧名:Android Wear)です。Androidなので各社から色々出ています。僕が一番便利だと思っているのがスマホに届いた通知を時計で確認出来ることです。仕事柄いつでもスマホを確認出来るわけでは無いので手元の時計で確認出来るのは便利です。ただ1つ不満に思っていたのが毎日充電しなければならないことです。つまり充電を忘れてしまうと翌日は使えないという事です。

e932d329

そこで色々調べるとスマートバンドというものがあることを知りました。スマートウォッチは丸型や正方形の物が多いので、普通の時計と形状は同じです。スマートバンドはそれよりも細長いのスタイルの物を指すようです。形状によりなのかは不明ですが、スマートバンドの方が充電が長く持つようです。実際に僕の買った「Xiaomi Mi Band 4」は20日間スタンバイ可能だそうです。Wear OSは入っていませんが、通知機能はあるので目的は充分に果たせます。

SW-2

SW-3

替えのバンドも別売りで色々出ていたので金属製の「シルバー」と「ブラック」の2種も買いました。最初から付いているものはスポーティーなイメージですが普段使いではこちらの方が良さそうです。

「Xaomi」というのは聞いたことが無いかも知れませんが、中国の4大スマホメーカーと言われている4社の1つです。(「Huawei」、「OPPO」、「Vivo」、「Xaomi」)

これからはスマートウォッチと併用して使っていこうと思っています。

オンラインストレージサービスをOneDriveに乗り換える。

OneDrive

皆さんはオンラインストレージサービスを使っていますか?Dropboxがとても有名ですが、パソコンやスマホからデータをストレージにアップすることにより大事なデータを守ることが出来ます。複数のパソコンやスマホを使っている場合ではデータが同期されるので出先でも確認することが出来るので大変便利です。

ただDropboxの無料版の利用規定が変わり、無料版での同期出来る端末数が3台に限定されました。僕はパソコン4台、スマホ2台、タブレット2台の計10台を用途に寄って使い分けているので3台では全く役にたちません。少し前からこの規定に変わってはいたのですが、新しいパソコン等を導入していなかったのでそのまま使い続けられていました。しかし、今回の新しいモバイル用のパソコンを導入しログインしたことに寄り3台ルールの適応されてしまいました。

それでは僕の用途に合わないのでオンラインストレージサービスを乗りかえることにしました。色々なサービスがあるのですが、マイクロソフトのOneDriveを選びました。Dropboxと使い方も変わらず使えそうなのと天下のマイクロソフトが運営しているのもポイントです。

・Dropbox

・OneDrive

使用台数が3台未満ならDropboxでも良いと思いますが、それ以上ならOneDriveは良い選択肢だと思います。(ちなみにマイクロソフトの運営ですがアップルのMacintoshでも使えます。)

モバイルパソコンをASUS「E203MA-4000W」に買い替える

K0001065716_0001

僕の愛用のモバイルパソコンはASUSの10.1インチ2in1パソコン「T101HA」でした。この機種はパソコンとしても、キーボードを外してタブレットしても使えるのでなかなか便利でした。しかし、先日キーボードが壊れて買い替え、今度はスピーカーが壊れたようでかなり使いにくい状態になっていました。音が全く出ないならまだ良かったのですが、ひどいノイズでカバンに入れたままにしておくと通知音が割れて変な音がするようになっていました。他に害は無かったのですが買い替えを考えていました。その時から次に買うのはASUS「E203MA-4000W」にすることは決めていました。

すぐにとは思っていなかったのですが、昨今の政府によるキャッシュレス化の推進の影響だと思いますが、「d払い」で払うと20%ポイント還元というキャンペーンを見て衝動買いしてしまいました。ノジマオンラインでの2000円引きもあり、30000円で買ったのですが、20%ポイント還元ということは6000円分のポイントが返ってくるわけで実質24000円という事になります。

安く買えた話はこの辺にして、このパソコンの良いところを書こうと思います。今までは10.1インチでしたが、11.6インチに少し大きくなりました。画面サイズはアップしましたが、重さの差はほぼ無いのが良いです。モバイル環境では1kgぐらいまでがベストだと思いますのでそれについてはどちらの機種も合格だと思います。USBポートがUSB3に対応したのも嬉しいです。あとはHDMIで外部モニターに出力した際に4Kの3,840×2,160ドットに対応したのも嬉しいです。

e203ma-23-600x400

そしてもっとも嬉しいのが画面が180度開くところです。電車の座席で文章を書くことが多く、光の加減でもうちょっと開いた方が見やすい事があります。今までは本体ごと角度をつけて回避していましたが、このパソコンならそんな事をする必要はなくなります。

1つ残念なのはタッチパネル非対応になってしまったことです。まあこれは慣れれば大丈夫な気がしますが、癖で画面をタッチしようとしてしまいます。

衝動買いした感じは否めませんが、これからは僕のお供として頑張ってくれると思っています。

Android用画像ビューワー「F-Stop Gallery」をインストールする。

F

僕はスマホはずっとAndroid端末を使っています。GmailやGoogleカレンダー、KeepなどのGoogleサービスをよく使うのでなんとなくAndroidの方が良い気がするからです。画像ビューワーについては「QuickPic」を愛用してきました。ただセキュリティー面で問題があるということを知り、切り替えることにしました。

今回みつけたのが「F-Stop Gallery」というアプリです。「QuickPic」に問題があることは僕は知りませんでしたが、周知の事実だったらしく乗り換えはこれがおすすめのようなサイトがいくつもありました。その中から選んだのがこのアプリです。

・F-Stop Gallery

使い勝手はあまり変わらないようでしたので細かい設定のみで簡単に乗り換えることが出来ました。

こちらのアプリの方が優れているところがあります。今までは写真が「1〜10」まであった場合、「10」まで行ったら一断層上に戻って「1」から開始するか順に戻して「1」を表示させなければならなかったのですがこのアプリだと「10」まで行って次に送ると「1」に戻る仕様でした。

僕は週末撮影イベントを主催しているのですが、来場者様に注意事項を案内することがあります。その時タブレットに記載した注意事項を表示しながら説明しています。この機能があるととても便利だなと前々から思っていました。意図せずこの機能が付いたのが一番のポイントになりました。

「Surface モバイル マウス」を購入。

61niAlcwPjL._SL1500_

普段の持ち歩き用にASUSの10.1インチ2in1パソコン「T101HA」を使っています。先日キーボードを買い替えましたが、今回マウスも買い替えました。今まではエレコム「M-CC2BRSWH」を使っていました。こちらも小さいので持ち歩きには良いのですが普段使いではマイクロソフトのマウスがやっぱり使いやすいかと思っていました。僕の「マイクロソフトマウス愛」は高く他のパソコンには全てマイクロソフト製を使っていました。このパソコンだけモバイルを重視して他社のマウスを使っていましたが、他のパソコンよりお手軽なこのパソコンの使用頻度が高まって来たのでここもマイクロソフトにすることにしました。

とは言えモバイルすることが多いので、厚さがうすい物を探していてたどり着いたのが、「Surface モバイル マウス」です。マイクロソフトが最近売っているパソコン「Surface」専用ですが、普通にWindowsで使えるとの事だったので買いました。使ってみると使い慣れたマイクロソフトの感触に大満足です。
記事検索
月別アーカイブ
カウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード