51zhaF1ND1L._AC_SL1100_

僕の持っている今持っているコーヒーミルは下記の2つです。

1,手動ミル<コニカルカッター>
2,電動ミル<ブレードグラインダー(プロペラ式)>

電動ミルを買ってしまうと手動のミルは大変すぎて戻ることは出来ません。ただ今持っている電動ミルはプロペラ式なのでボタンを押している長さで豆の細かさを決めるため日によって大きさが変わってしまったり安定しません。構造上もあまり安定しないようです。

そうなると豆を引いた時点で日々味の違うコーヒーになってしまうので、もっと良いミルが欲しいと思うようになりました。喫茶店などでも使われているフラットカッター(フラットディスク式)だと安定することがわかり探すことにしました。

本格的な物だと大きいし、値段も高いのですが、カリタ ナイスカット(35000円程度)、ボンマック コーヒーミル(18000円程度)など小型で安いものがあることがわかりました。それでもそこそこ高いので、それのパチ物っぽい中国製のミルを見つけました。少し速度は落ちるという情報はYouTubeで見て知っていましたが自宅でそんなに早さは求めていないのでありかと思って購入してみました。

少し使ってみましたが、比較対象が無いので遅さは感じませんでしたし、設定でかなり細かく砕くことも出来ることがわかりました。今後は毎日使い道具になりそうです。