2018年04月

Godox充電式ストロボ「V850II」の追加購入とクリップオン環境の増強!

GodoxV850-860_battery_L

先日、Godox充電式ストロボ「V850II」を2台買いましたが、その後数回使用し、そのポテンシャルの高さを思い知らされ、2台追加購入しました。これで合計4台になりました。僕は大体ストロボの調光を「1/4 +0.7」までで使うのですがこの強さだと待ち時間がほぼ無いことと1回の充電で2000枚近く撮れるということがわかりました。この速さはトキスターのモノブロックとも遜色無いと感じます。今までは速さと重さを天秤にかけて機材を決めていましたが、これが来たおかげで他の機材の登場回数がかなり減ってしまうのでは無いかと思います。

「V850II」にも弱点が無いわけではありません。専用電池なので急な電池切れは命取りです。その辺は単3電池のタイプの方が有利ですが、予備電池の購入やまめに充電する習慣づけで解決できると思います。あとコマンダーとストロボがあまりに近いと発光しないという弱点がありました。これは今までのストロボでは見られない状況でやや残念ですが、そうなることを理解した上で使えば問題はありません。

jpg_640x640

Godox環境になってYongnuoのものはほぼ使うことが出来なくなってしまいました。Yongnuoコマンダー「RF-603II」をカメラに直接つけ、その上にGodoxコマンダー「XT32-C」をセットすれば両者の混在が出来ると思っていたのですが、それは出来ませんでした。トキスターのモノブロック用のコマンダーでは出来ていたので少し残念です。そこでGodoxの受信用コマンダー「X1R」を1台購入しました。「V850II」はTTLが無いためCanon純正ストロボ「580EX II」をいつも持ち歩いているのですが、このコマンダーをかませば純正ストロボも調光を含めて制御出来ます。

b3ceb1ec

併せてクリップオン環境が整って来たので「Manfrotto スナップティルトヘッド MLH1HS」も2台追加購入しました。こちらもすでに2台は持っていたので合計4台になりました。これはアンブレラフォルダーといわれるパーツでスタンドとストロボの間に入れアンブレラがさせるようにするものです。中華製で1000円未満で買える物がある中で4000円もするので高い部類ですが、ストロボをしっかり固定できるので落下の心配がほぼありません。

クリップオンストロボ環境はかなり整って来たのであとは腕を上げるだけかなという状況になりました。機材は揃っても上手に撮れるかはまた別問題なので、そこはしっかり腕を磨いて行きたいと思います。

AmazonAlexa対応:スマート家電コントローラREX-WFIREX2を買ってみたが・・・。

_SL1400_

昨年末にスマートスピーカー「Amazon Echo Dot」を購入したことはここでも書きました。4か月近くたちましたが、僕の使用用途はAmazon Musicを聞くくらいになっていました。聞き流しで良いのならこれでも全然良いのですが、僕は音楽には少しうるさいですから、誰の(アーティスト名)、どの(アルバム名)、曲(ソング名)で選んで聞きたいことが多いです。そうするとちょっと呼び出しにくいので本気で聞きたいときには使いません。寝る前に「ロックの曲かけて」「15分後に音楽消して」と言って子守歌代わりに使う感じになっていました。他にもニュースを聞いたり調べ物をしたりも出来るのですがこれもパソコンやスマホの方がピンポイントで調べられるのであまり活用していません。

それではせっかくのスマートスピーカーがもったえないので、スマート家電コントローラ「REX-WFIREX2」を買ってみました。これはTVや照明、エアコンなどの赤外線リモコンをスマホで操作できる機械です。AmazonAlexaにも対応していますので音声でのリモコン操作が可能になります。

とりあえずTVと照明のリモコンを設定してみました。スマホからの操作は通常のリモコン同様に出来るのでかなり便利です。ネットを介した設定にすれば出先からでも操作できてさらに便利です。僕は設定しませんでしたがエアコンを設定しておけば、帰宅する電車の中で操作し、家に帰ると快適な温度になっているというかなり便利な使い方も出来ます。

ただ今回のメインは「Amazon Echo Dot」を介して音声でTVや照明をつけるという事でしたので早速こちらも設定してみました。ちょっと設定に苦労しましたが無事接続は出来ました。TVの方は特に問題なく設定出来たのですが、呼びかけの際に「Alexa、家電リモコンを使ってTVをつけて」というように「家電リモコンを使って」といちいち言わないといけないのがちょっと面倒です。これはAlexaに設定するスキルの問題なのでメーカーが対応してもらえれば不要になると思います。

31e-K-4m+eL

照明については機器の機能的にオンオフと調光まで出来るようでしたが、僕の照明器具が調光未対応なのとリモコンの仕様が良くないためこちらも残念な結果となりました。僕の照明のリモコンは1ボタンのもので、1回押すと「100%点灯」、2回押すと「50%点灯」、3回押すと「常夜灯」、4回押すと「消灯」というタイプです。消えている状態からだと「Amazon Echo Dot」に「照明つけて」と1回言えば済みますが、その状態から消すには3回リモコンを押す必要があるため「Amazon Echo Dot」に3回「照明つけて」と言わなければなりません。これは照明のリモコンがオンとオフ別ボタンのタイプで無いと使い勝手は良くないようです。

スマートスピーカーは出たばかりなので、まだまだこれからな気はしますが、常に進化していくと思いますのでその進化を見守っていきたいと思います。

ブラウンシェイバー「3020s」を購入!

K0000788752

いつも通りカメラ関連の新しい物を買った風な感じで書いていますが、今日買ったのはメンズシェイバー(髭剃り)です。一言にシェイバーと言っても種類が山のようにあります。カメラもかなり多くの種類が出ていますが、シェイバーはそれ以上に多くの種類が出ていると思います。カメラは使う人が限定されますが、シェイバーを持っていない男子はいないと思いますので当然と言えば当然かもしれません。

流石に多すぎてどれを選べば良いのかわからなかったので、量販店で事前に色々聞いていました。そのお店にはブラウンの社員さんが出向していたので詳しく聞くことが出来ました。

大きく分けると2つにわけることが出来ます。

・充電式
・充電交流式

の2つです。充電式は充電してからで無いと使えないのですが、お風呂の中でシェービングジェルを使用してシェービングできる「お風呂剃り」に対応しているタイプ。充電交流式は充電するも出来ますが、充電が出来ていなくても電源につないで使えるタイプです。(こちらは「お風呂剃り」には未対応。)<事情的にはコンセントに繋いだままお風呂に入れたら感電するからって事らしいです。>

他にキワゾリ刃の有無、アルコール洗浄の可否、充電残量表示の表示数、首振りヘッドの有無、刃の形状などで価格や機種名が変わってきます。

僕はお風呂で使えるより、充電忘れで使えない方が心配だったので、充電交流式を選びました。そしてキワゾリ刃も欲しかったので「3020s」を選びました。もっともベーシックなモデルですが必要最低限の機能は備えているので充分です。あとは色ですね。僕の選んだのは黒ですが、選択肢が青や赤しか選べないものがあってそこはシックな黒が良かったです。これからは毎日のお供として大事に使っていきたいと思います。

Godox充電式ストロボ「V850II」とトリガー「XT32-C」をゲット!

850-2

前からこのブログで充電式のストロボを話題にしていました。現状僕の使っているクリップオンストロボは単3電池4本を使うタイプのものです。CANON、SONY純正もそうですし、ワイヤレスで使っているYongnuo YN560 IIIもそうです。僕の撮影スタンスだと1日スタジオで撮影すると2〜3回程度電池を交換します。撮影が乗ってきたタイミングで電池が切れると「興ざめ」ですし、モデルもカメラマンも元のテンションに中々戻れません。たかが電池ですがされど電池と言ったところです。モノブロックストロボの充電が1日楽々持つのでこの「興ざめ」具合はちょっと許しがたい問題でした。いつもモノブロックを持っていけば良いじゃないかという説もありますが、やはり重いのがネックです。そこでたどり着いたのが充電式のストロボです。今回購入したのがGodox「V850II」です。カメラの電池のようなリチウムイオン電池を使っていてフル発光で650発打てるというので丸一日充分に使えると思います。(現実にはフル発光することは無いので)Yongnuoでも同じようなものは出ているのですが、先日CP+で見てきた時にチャージが遅い気がしたのでこの機種にしました。ワイヤレス使用時はハイスピードシンクロにも対応しているのも良いです。(クリップオンでは使用不可)

_SL1200_

合わせてワイヤレスフラッシュトリガー「XT32-C」も入手しました。Godoxではワイヤレスフラッシュトリガーも3種類くらい出ていて一番普及しているのは「X1T」ですが操作感があまり良くなかったのでこちらにしました。TTL未対応ですが、ストロボも未対応なので全く問題ありません。スムーズに光量が変えられてグループの設定さえ出来れば余計な機能はいりません。そういう意味でもっともシンプルなトリガーです。

昨日届いたばかりでまだスタジオでの使用はしていませんが、早速使ってみたいと思っています。運良く明日はスタジオ撮影です。

屋外ポトレ撮影30回目 〜東雲てんさん編〜

今日は、東雲てんさんと屋外ポトレ撮影をして来ました。目白から池袋に向かいながら移動しながら撮りました。撮影をご一緒するのは今回で3回目となります。背も高くてスタイルも良いので何をやっても様になります。可愛い衣装でとお願いしていましたが、とても品の良い衣装で来てくれたのも良かったです。それでは早速写真を紹介しましょう。

MO20180405-00014

1枚目は、座りで撮りました。品のある感じで撮れました。

MO20180405-00015

2枚目は、ちょっと髪が風で乱れてしまったのですがキリっとした表情が良いので掲載します。

MO20180405-00018

3枚目は、同じ構図ですが、不思議そうな表情をおさえました。

MO20180405-00029

4枚目は、全体像を撮りました。今回、単焦点レンズしか持って行かなかったので今までは調整しながらでした。

MO20180405-00034

5枚目は、少し移動して撮りました。こちらも不思議そうな表情です。

MO20180405-00039

6枚目は、ハイアングルで撮りました。

MO20180405-00042

7枚目は、岩の感じを撮りたかったので寄りで撮ってみました。

MO20180405-00051

8枚目は、花のある所に移動し全身を撮りました。

MO20180405-00068

9枚目は、東屋の中で撮りました。ちょっと古い雰囲気のポトレ風に撮れました。

MO20180405-00098

10枚目は、踏切の前で撮りました。ちょうど電車が来たので雰囲気のある写真になりました。

MO20180405-00108

11枚目は、線路沿いの通りで撮りました。こちらも風で髪が乱れてしましましたがそれも含めて雰囲気が良い写真になりました。

MO20180405-00120

12枚目は、陸橋の上で全身を撮りました。こちらも不思議そうな表情が素敵です。

MO20180405-00131

13枚目は、神社の鳥居の下で撮りました。

MO20180405-00140

14枚目は、こちらも鳥居の下ですが、古いポトレ風味です。

MO20180405-00149

15枚目は、座ってもらって撮りました。表情はとても良かったのですが引きが足りずお尻が切れてしまいました。

MO20180405-00153

16枚目は、今度はしっかり構図が撮れたのですが、本人は少し気が抜けてた感じです。でもそれも可愛いので載せてみます。

MO20180405-00161

17枚目は、滑り台の下の方に座ってもらって撮りました。これは完全に僕の趣味です。
記事検索
月別アーカイブ
カウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード