2017年09月

室内ポトレ撮影175回目 〜蕨(わらび)さん編〜

先日、蕨(わらび)さんとスタジオポトレ撮影をしてきました。前回ご一緒した時は被写体10名、カメラマン3名でとても狭いスタジオで限られた撮影しかできませんでしたが、今回はしっかり撮らせてもらうことが出来ました。それでは写真を紹介しましょう。

MO20170920-1-0006

1枚目は、プロフィール写真風に撮りました。

MO20170920-1-0018

2枚目は、ソファーに座ってもらって撮りました。

MO20170920-1-0031

3枚目は、脚を伸ばしてもらって撮りました。

MO20170920-1-0044


4枚目は、ソファーにもたれてもらって撮りました。

MO20170920-1-0047

5枚目は、首痛い感じですね。

MO20170920-1-0061

6枚目は、赤いクマを持ってもらいました。色が鮮やかです。

MO20170920-1-0092

7枚目は、階段のセットに移動しファッションモデル風に撮りました。

MO20170920-1-0095


8枚目は、柱に寄りかかってもらって撮りました。

MO20170920-1-0123

9枚目は、座りのショットです。

MO20170920-1-0194

10枚目は、ハロウインのセットで撮りました。

MO20170920-1-0205

11枚目は、鳥かごのセットで撮りました。

MO20170920-1-0234

12枚目は、寝転びでややハイアングルから撮りました。

MO20170920-1-0245

13枚目は、くつろいだ感じです。

MO20170920-1-0253

14枚目は、前と同じ感じですが、縦で寄ってみました。

MO20170920-1-0269

15枚目は、鼻メガネのショットです。

MO20170920-1-0304

16枚目は、机のセットで撮りました。

MO20170920-1-0313

17枚目は、マッチ売りの少女風と思ったのですが、ちょっと違う感じになりました。

MO20170920-1-0330

18枚目は、和風のセットでハイアングルで撮りました。

MO20170920-1-0334

19枚目は、小道具の刀と合わせてみました。スタジオのセットに頼りすぎですね。

MO20170920-1-0344

20枚目は、同じく和風のセットで寝転んでもらい正面から撮りました。

Manfrottoのアンブレラホルダーをゲット!

_SL1500_

「アンブレラホルダーってなんだ?」って思う方もいらっしゃると思いますのでまずそこから説明したいと思います。ライトスタンドとストロボの間に嚙ますパーツでアンブレラを取り付けることが出来ます。角度も変えられるのでアンブレラを思いのままに設置できるようになります。

_SL1500_

このパーツは撮影中にかなりの頻度で動かすのですが僕を含めて多くのカメラマンが中国製の安いものを使っています。1000円以下で買える上に用途は充分果たせるので良いかとは思いますが、一番使うところにお金をかけてもバチは当たらないと思い「Manfrotto スナップティルトヘッド MLH1HS」を購入しました。

やはりManfrottoのは違いますね。中国製のだとロックが甘かったり、ちょっと当たったりするとアンブレラが首をもたれたり、ストロボが落ちたりとかする事があったのですが、ロックもしっかりしていて安全用に強力なバネが入っているので万が一ロックが甘くても首をもたげることは無さそうです。4500円くらいしたのでちょっと高かったですが満足度はかなり高いです。

モノブロック用にボーエンズ・変換アダプターをゲット!

image

最近、オパライトを買ったり、追加で細長いソフトボックスを購入したりスタジオ用のディフューザーを色々購入しています。ほとんどがAmazonで買った中国製ですが最近は品質も良くて安いので製品には満足しています。しかしほとんどの物がボーエンズマウントで作られています。クリップオンストロボはこの規格で大体揃えているので問題は無いのですがモノブロックには付けることが出来ませんでした。

image

海外ではこのボーエンズマウントは主流でほとんどこの規格で作られているようなので問題無いのですが、日本製はメーカーに寄って規格がバラバラで付けることが出来ません。僕のトキスターは幸いコメットと同じ規格なのでマウント変換アダプター 「コメットCX→ボーエンズ」 を買ってみました。中国製なので合うか心配でしたがジャストフィットでした。

これからはボーエンズ規格のディフューザーをどんどん使えるのでかなり楽しみです。

MacとWindowsで外付けHDDを共有する方法

paragon_601peevl3_ntfs_for_mac_14_1196499

最近、iMacを購入したことはここでも書きましたがしばらくWindowswを使っていたのでMacとの違いをすごく感じている最近です。色々問題はあったのですが最近はだいぶ慣れて、良し悪しを把握して使い別けるようにしています。

中でも一番困ってしまったのが、Windows標準のNTFS形式でフォーマットされている外付けHDDをMacで読み込むことは出来るのですが、書き込むことが出来ないという問題でした。

写真を取り込み加工や公開した後は外付けHDDに保存するというのがいつのもパターンなのでこれは大問題でした。読み書きができるFAT形式でフォーマットすれば問題は解決しますが、膨大な量の写真データを一時退避させた上にフォーマット後、元に戻す作業は結構手間だと思っていました。

それを知り合いのカメラマンさんに相談したところMacでもNTFS形式でフォーマットされたHDDに書き込みが出来るソフトを教えてもらいました。「NTFS for Mac 15」(https://www.paragon-software.com/jp/home/ntfs-mac/)というソフトですがインストールさえしておけば何も問題が無かったかのように読み書きが可能になりました。

Windows、Macを共存させている場合には必須のソフトと言っても過言では無いかと思っています。

ミニオパライト&ソフトフィルター使用レポート。

先日、購入したミニオパライト(Falconeyesレイドーム&グリッド)とソフトフィルター(MARUMIシルキーソフトA)をスタジオで試して来たのでレポートしたいと思います。

Falconeyesレイドーム&グリッド

MO20170913-0376

MO20170913-0403

黒ホリで左右2灯ではさんで撮ってみました。モノブロック2灯で実験した時もそうでしたが、上手くやらないと影が出るので設定はシビアです。陰影を出すには1灯で当てた方が良いかもしれません。今回はグリッド付きで撮りましたが、グリッド無しでも結構強く影が出る気がしました。41cmの物もそうでしたがオパライトはそういう傾向のようなのがわかりました。キリッとした感じで撮るのが正解なのかなというイメージです。

Kenko レンズフィルター R-クロススクリーン 77mm

MO20170913-0708

MO20170913-0729

このフィルターは単焦点レンズで使っていた49cmを持っていたのでサイズが変わっただけで目新しさはありません。49cmサイズで色々な種類を買った中で人物撮影に一番良いソフト感だと思っています。

*今回のモデルさんは、ジェニさんとまりっぺさんです。

ミニ・オパライトとクロス&ソフトフィルターをゲット!

最近、撮影続きで嬉しい日々ですが地味に機材を追加購入していたので紹介します。

_SL1000_

Falconeyesレイドーム&グリッド

Falconeyesのディフューザーはいくつか持っていましたが、今回ミニ・オパライトのレイドームとグリッドを購入しました。前回買った直径41cmのオパライトも悪くないのですが、折り畳みが出来ないので移動が本気になってしまいます。でもこれなら直径17cmと小さいので持ち運びが楽です。直径も小さいのでグリッドをつけた時も小さい範囲に当てられるので作り込んだ写真が撮れそうです。

_SL1000_

Andoer 7インチ 10度ハニカムグリッド

本当は上記のレイドームにつけて使おうと思って注文したのですがサイズが合わずはいりませんでしたが、トキスターの方に付けることが出来ます。10度とかなり狭いのでスポット効果が高まるのでは無いかと思っています。

_SL1500_

Kenko レンズフィルター R-クロススクリーン 77mm

単焦点レンズ用の49cmのMARUMIのクロスフィルターは持っていたのですが、メインのズームレンズ用にも買いました。MARUMIのものと違い装着した状態で回転できるのでこっちの方が便利だと思っています。

41OjAyv-irL

MARUMI レンズフィルター シルキーソフトA 77mm

こちらは49cmの全く同じ物を持っていますが、ズームレンズ用にも買いました。今までは他も含めて49cmの物しか持っていなかったのでフィルターを使うときは合わせて単焦点レンズも持っていかなければなりませんでした。今後は無くても撮影できるようになるので僕の撮影に必ず付いてくる装備になると思います。

室内ポトレ撮影174回目 〜ゆめかさん編〜

先日、ゆめかさんと室内ポトレ撮影をして来ました。まだ撮影経験が浅いそうで最初はガチガチでしたが後半は慣れてきてとても良い表情も出てきてました。それでは早速写真を紹介しましょう。

MO20170831-0001

1枚目は、メガネをかけてもらって撮りました。本人はメガネは似合わないと言っていましたが結構可愛いと思います。

MO20170831-0002

2枚目は、別のメガネに変えて撮りました。少し緊張が解けたのかおちょぼ口の顔芸をしています。

MO20170831-0003

3枚目は、白いソファーに座ってもらいました。この後もソファーに座る写真がいくつかあるのですが、どれも誘拐されてきた少女風になってしまいます。

MO20170831-0004

4枚目は、グラビア風の感じでお願いしました。衣装のせいもありAKB風ですね。

MO20170831-0005

5枚目は、白いソファーの後ろに回ってもらいクッションに顔を付けてもらいました。白被りしてわかりずらかったので黒いソファーを使えば良かったと反省しています。

MO20170831-0006

6枚目は、体育座り風のポーズでお願いしました。ここからは生脚でお届けします。

MO20170831-0007

7枚目は、お家でくつろいでいる風のポーズです。スカートの柄を見せたかったのでカーディガンは脱いでもらいました。

MO20170831-0008

8枚目は、横になってもらって撮りました。これも僕の定番ポーズ指定です。

MO20170831-0009

9枚目は、ハイアングルで撮りました。脚が綺麗に撮れました。

MO20170831-0010

10枚目は、白いワンピースに着替えてもらって撮りました。

MO20170831-0011

11枚目は、黒いソファーに座ってもらって撮りました。衣装もセットも変わりましたが、誘拐されてきた少女風味は変わらすです。

MO20170831-0012

12枚目は、誘拐された感が凄かったので逆手の取って捕まちゃった風にしてみました。

MO20170831-0013

13枚目は、赤いメガネをかけてもらいました。ちょっと「ゆうこりん」風になりました。

MO20170831-0014

14枚目は、脚が綺麗だったので全身を入れて撮ってみました。

MO20170831-0015

15枚目は、寝転がってもらって撮りました。

MO20170831-0016

16枚目は、ハイアングルで撮りました。前のもそうですが脚が綺麗です。

MO20170831-0017

17枚目は、和室のセットが空いたので移動しました。これ以降は髪はアップ、コンタクトレンズはオレンジ色になっています。

MO20170831-0018

18枚目は、グラビア風に横になってもらいました。

MO20170831-0019

19枚目は、くつろいだ感じを寄りで撮りました。

MO20170831-0020

20枚目は、横になってもらって撮りました。脱力感が良いですね。

室内ポトレ撮影173回目 〜にりっとるさん編〜

昨日は、にりっとるさんと室内ポトレ撮影をして来ました。とても短い時間だったのでバリエーションは少ないですが、良い写真は結構撮れたと思います。それでは早速写真を紹介しましょう。

MO20170908-2-0001

1枚目は、座りで撮らせて頂きました。キリッとした表情が良いですね。

MO20170908-2-0007

2枚目は、脚を伸ばしてもらって撮りました。

MO20170908-2-0022

3枚目は、ハイアングルの寄りで撮りました。

MO20170908-2-0033

4枚目は、同じくハイアングルですが、縦で少し引きで撮りました。

MO20170908-2-0044

5枚目は、またハイアングルですが、髪の感じがだいぶ違うので掲載します。

MO20170908-2-0051

6枚目は、ソファーに寄りかかってもらって撮りました。

MO20170908-2-0077

7枚目は、メガネをかけてもらって撮りました。

MO20170908-2-0111

8枚目は、ハイアングルでリボンをかけてもらって撮りました。

128-2

9枚目は、谷間を強調してもらって撮りました。

MO20170908-2-0133

10枚目は、別角度で撮りました。目がぱっちり開いています。

MO20170908-2-0134

11枚目は、前と同じ構図ですが、目がトロンとしてちょっと色っぽいです。

MO20170908-2-0135

12枚目は、こちらは目をつむってしまっていますが、雰囲気があるので掲載します。

MO20170908-2-0148

13枚目は、オレンジ色のメガネをかけてソファーに寝てもらって撮りました。

MO20170908-2-0163

14枚目は、果物を持ってもらって撮りました。

MO20170908-2-0166

15枚目は、同じく果物を持っていますが、前とちょっと違う感じになりました。

MO20170908-2-0176

16枚目は、起き上がってもらい斜め上から撮りました。トマトが良いアクセントになっています。

室内ポトレ撮影172回目 〜ちろるさん編〜

昨日は、ちろるさんとスタジオポトレ撮影をしてきました。前回、大きな撮影会で知り合った方で待ち時間に少し話して気になっていたのですが、偶然お休みがあったので撮影することが出来ました。大人しそうなイメージですが独自の雰囲気を持ったとても素敵な方でした。前置きはさておき、早速写真を紹介しましょう。

MO20170905-1-0009

1枚目は、和室のセットでお淑やかな感じに撮ってみました。

MO20170905-1-0035

2枚目は、脚を伸ばしてもらってラフな感じで撮らせて頂きました。

MO20170905-1-0103

3枚目は、スカートのひらみを出してもらって撮りました。

MO20170905-1-0114

4枚目は、お家に居る感じでリラックスした感じをお願いして撮りました。

MO20170905-1-0145

5枚目は、グラビア風のポーズで撮らせて頂きました。

MO20170905-1-0195

6枚目は、衣装を着替えてもらいました。可愛い感じの衣装になったのでおねだり風のポーズをお願いしました。

MO20170905-1-0202

7枚目は、脚を伸ばしてもらい健康的なイメージで撮らせて頂きました。

MO20170905-1-0234

8枚目は、メガネをかけてもらい可愛く撮りました。

MO20170905-1-0239

9枚目は、メガネをかけたまま雌豹のポーズをお願いしました。可愛さとセクシーさの融合的なイメージになったかと思います。

MO20170905-1-0255

10枚目は、手を上げてもらいスポーティーなイメージを目指してみました。

MO20170905-1-0280

11枚目は、ハイアングルから撮らせてもらいました。小物の手のオブジェもワンポイントで使っています。

MO20170905-1-0315

12枚目は、お嬢様風の衣装に着替えてもらいました。お淑やかですが綺麗な太ももに目が行ってしまいますね。

MO20170905-1-0360

13枚目は、靴下を直す感じで撮りました。こちらも太ももが気になりますね。

MO20170905-1-0392

14枚目は、横になってもらい谷間を強調してもらいました。本人は水着の跡を気にしていましたが、それはそれで色っぽいと僕は思いました。

MO20170905-1-0418

15枚目は、ふわふわした衣装に着替えてもらいました。黒もとても似合いますね。

MO20170905-1-0480

16枚目は、赤リボンと先ほどの手のオブジェでちょっと攻めた感じで撮らせてもらいました。

MO20170905-1-0606

17枚目は、水着OKが出たので早速着てもらいました。メガネと合わせて可愛い感じになったと思います。

MO20170905-1-0613

18枚目は、たまたま片方のストロボが光らなかったのですが、セクシーポーズと陰影のあるライティングがあっている気がしてそのまま使わせてもらいます。

MO20170905-1-0654

19枚目は、水着だったらこれでしょうと思うポーズでお願いしました。くびれ・ご馳走様って感じです。

MO20170905-1-0675

20枚目は、今日はロング撮影になると思いカロリー補給の為に持ち込んだバナナを持ってもらいました。水着の色と合わせてフルーツバスケットのイメージです。

ソフトボックスを床置きで使うための工夫

CgM2zbT8

僕が日々撮影をしている中で気を付けているのはストロボと被写体の顔の高さを合わせることです。立っている時は身長に合わせて、座っている時はその高さに合わせてライトスタンドの高さを調整して撮っています。僕のライトスタンドは最低高がかなり低い物をチョイスしているのでほとんどのケースには対応できるのですが、床に寝転んだ状態には流石に対応できません。ライトスタンド用のブームアームを使う手もありますが荷物も増えるし、場合によってウエイトを置かなければスタンドごと倒れてしまう可能性もあり危険です。

 IMG_0290

そこで考えたのがソフトボックを床に直接置く方法です。ただ普通に置くとソフトボックスはステージモニター用のスピーカーの様な構造なので斜め上を向いてしまいます。それでは具合が悪いので脚を付けて真っ直ぐに立つように考えました。今回使ったのはホームセンターで売っている直径16mmのアルミパイプです。これを30cmの長さにカットしてもらいソフトボックに取り付けるとライトの面が正面に向くように置くことが出来ます。アルミパイプが580円で、カット加工費が1カット50円で2カットなので680円でこのキットが完成しました。

8O8hq9dR

このキットで撮った写真が上記になります。今回のモデルは、さくらさん(左)とめろさん(右)です。<画像レタッチ:さくらさん>
記事検索
月別アーカイブ
カウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード