2015年10月

背負えるライトスタンドケースをゲット!

tricase4w840l_1600

先日、久しぶりに中野のフジヤカメラに行って来ました。お目当てはNikon D7000用の「マグニファイングアイピース DK-21M」です。ファインダー倍率を1.17倍に拡大出来るパーツで少し大きく見ることが出来ます。

dk21m_d200

この店には必ず欲しいものがあるので危険ですが、またみつけてしまいました。三脚ケース「ベルボン Tripod Case 4W #840L」です。三脚持ち歩いてないだろとお思いかも知れませんがこれはライトスタンドケースとして使います。

4waycase635m_sub3
4waycase635m_sub2

なにが今までの違うかというとリュックのように背負うことが出来ます。満員電車などで横に長いケースを持っていると周りの人にぶつけてしまったり危ないこともあったのですが、これなら安全です。あと同じ重さでも背負うと軽く感じる気がします。スタジオ撮影の時はスーツケースのように転がすタイプのバックにモノブロックストロボを入れて行くので、このケースだと両手が空くのでとても良いです。

バックやケースは写真のあがりには影響しませんが、スタジオに行く過程も撮影の一部ですから快適に過ごせることは大事なのかと思います。

Nikon D7000使用レポート!

DSC06849

先日、愛用のSONYカメラに追加して初の他社マウントNikon D7000を導入しました。購入後、何度か撮影し、良いところ悪いところが少しわかってきたので簡単ですがレポートしてみようと思います。

僕の習熟度が足りないせいもありますが、ストロボを使って白く飛ばし気味な撮影はあまり得意でない気がします。SONYでは特にポトレや可愛らしい女性を撮る時はかなり白く飛ばして透明感を出しているのですがそれは上手く出来ないようです。ストロボ使用下の色味についてはまだ「SONY>Nikon」の状況です。Nikonを愛用しているプロの指導を仰ぐ予定があるのでそれで改善する可能性もあります。

ただ、操作感についてNikonの良さはピカイチです。まず一番の良いところは視野率が100%であるところです。SONYもα77はミラーレス機に近いため100%ですが、僕のメイン機であるα700は視野率95%ですので見切れるか見切れるかギリギリの時は経験則に頼っています。だいぶこのカメラとの付き合いも長いのである程度それも計算の上で撮ることが出来るのですが、本当にギリギリの時は見切れ写真になってしまうこともあります。その点視野率100%だと見たままに撮れるのでありがたいです。

次に気に入っているのが、撮影直後の確認画面で白飛びしていないか確認できるところです。SONYの場合はその画面を呼び出して確認しなければならないのと他の数字データも表記されるため小さなプレビュー写真で確認しなければならないため不便に感じていました。Nikonの場合は設定は必要ですが、撮影後の自動プレビューで白飛びをしていないか確認出来る画面を全画面で表示出来るので気に入っています。たった1工程しか差はありませんが、多くを撮る時はとても便利な機能です。

また、写真を削除するときにSONYだと「削除しますか?」の選択肢のデフォルトが「NO」になっているので本当に消したい時にはカーソルを動かして「YES」にしないと消せません。誤って消してしまう可能性は低いので良いという説もありますが、何枚かを消さなければならない時は不便です。その点Nikonは「削除しますか?」の選択肢のデフォルトが「YES」なので「ゴミ箱ボタン」を2回押せば良いので早いです。今のターンのライティングが決まらなかったので全部やり直しなんて時も楽にNGテイクを消すことが出来ます。

後は単純にオートフォーカス(AF)が早いのでサクサク撮れるのが良いです。またAFが合った時の「ピピ!」という音の音量レベルが変えられます。被写体との距離が近い時は問題無い時は問題無いのですが、遠いとモデルさんに聞こえないのでいつ撮られるのかわからないということになりますが、その辺も音量調整資することで解決できます。

道具としてカユイところに手が届くNikonは素晴らしいと思っています。後は自分の好きな肌色さえ出せれば完璧ですが、まだまだ修行が必要です。

室内ポトレ撮影102回目 〜うりこさん編〜

先日、うりこさんと室内ポトレ撮影をして来ました。実はうりこさんとの撮影は2回目なのですが、前回は歯科矯正をしていたため歯を出して笑った写真が撮れませんでした。歯科矯正が終わったらぜひまた撮影しましょうと約束していたのでやっとそれが実現しました。小さくて細くてとても可愛らしい感じでお気に入りのモデルさんです。それでは早速、写真を紹介しましょう。

MO20151012-2-0036

1枚目は、赤ずきんちゃん風に撮りました。このまま進むと狼さんに襲われてしまうので注意してあげたいです。

MO20151012-2-0107

2枚目は、座りで撮らせて頂きました。箱入り娘って感じです。

MO20151012-2-0126

3枚目は、脚を伸ばしてもらって撮りました。脚がとても細くて折れてしまわないか心配です。

MO20151012-2-0159

4枚目は、手を頬にあててもらいました。透明感が素敵すぎです。

MO20151012-2-0176

5枚目は、脚を伸ばしてもらって髪を触ってもらっています。某シャンプーメーカーのイメージガールになれそうです。

MO20151012-2-0189

6枚目は、ちょっと崩した感じで座ってもらいました。不思議そうに遠くを見ている感じも可愛いです。

MO20151012-2-0244

7枚目は、膝立ちをしてもらいました。お天気お姉さんのグラビア初挑戦みたいな感じの仕上がりになりました。

MO20151012-2-0256

8枚目は、グラビア風のポーズをしてもらいました。そんな可愛い上目遣いは反則です。

MO20151012-2-0313

9枚目は、仰向けになってもらって撮りました。「満面の笑み」が可愛すぎです。

MO20151012-2-0330

10枚目は、メガネをかけてもらいました。顔が小さすぎて一番小さいメガネなのにかけられてしまっている感じになってしまいました。

MO20151012-2-0356

11枚目は、あまりにも可愛すぎたので逮捕してしまいました。ちょっと不満そうです。

MO20151012-2-0360

12枚目は、不当逮捕は「ダメダメ!」っていうことでダメ出しされてしまいました。

MO20151012-2-0379

13枚目は、オリジナルの衣装に着替えてもらいました。こちらもとても可愛いです。

MO20151012-2-0455

14枚目は、にっこりおねだり風です。こんな可愛いおねだりされたらなんでもご馳走しちゃいそうです。

MO20151012-2-0465

15枚目は、髪をたらしてもらって撮りました。ふわふわ感が良い感じに出ていると思います。

MO20151012-2-0477

16枚目は、グラビア風のポーズを取ってもらいました。このままAKB48期待の新人と宣伝したら結構人気が出そうです。

MO20151012-2-0492

17枚目は、顔をペッタリつけてもらって撮りました。今までより大人っぽさが出たかと思います。

MO20151012-2-0533

18枚目は、仰向けになってもらいました。朝起きてこんな可愛い娘が寝てたらきっと幸せですね。

MO20151012-2-0567

19枚目は、プロフィール風に撮りました。芸能関係者の方お問い合わせはこちらへです。(嘘です。)

MO20151012-2-0577

20枚目は、1日船長さんのキャンペーン中のようなイメージに撮れました。

「JOBY リストストラップ」を購入。

31qirkwx+0L

Nikon D7000を導入したことは書きましたがそれに伴って「JOBY リストストラップ」を購入しました。今までのSONYでは「ニンジャストラップ」を使っていましたが、今回全く異なるタイプの物を選びました。

_SL1500_

「ニンジャストラップ」は取材撮影のように移動が多く、スムーズさを求められる時にとても良いです。しかしスタジオ撮影の際は長さを短くするとひもが伸びて引っ掛けてしまうことが多く不便を感じていました。ただD7000もα700、α77も縦位置グリップを付けているので縦位置の際に短すぎると撮りにくいので「長めのリストストラップ型」でなければいけませんでした。

「JOBY リストストラップ」は手の細さにフィットする構造なので僕の手の細さだと縦位置グリップを付けてちょうど長さになります。しかし、手が太い場合は足りないかも知れませんので全員に万能では無いかもしれません。でも2000円を切る価格なので導入を考えてもよろしいかと思います。

Nikon D7000を導入しました。

DSC06849

今までSONY1本で撮ってきましたが、「Nikon D7000」を導入しました。気分転換に違うのが欲しいなと思って調べていたら、性能、予算的に良かったのがこの機種にしました。Canonも検討していたのですが、色々なバランスを考えるとこれが良いと思いました。いつかCanonも入手したいと思いますが、まずはNikonからです。

レンズは付いていないものを買ったので、「Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G (Special Edition)」を購入しました。予算があまりなかったので失敗しないチョイスにしました。Special EditionはDFのデザインに合わせて作られた同機種のデザイン違いですが、こっちのデザインの方が気に入ったので敢えて選びました。このレンズを使っている人も結構多いので見た目に差別化出来るのもありだと思います。

DSC08148

ただ単焦点なので狭い部屋では厳しいと思い、安く売っていた「SIGMA 18-50mm F3.5-5.6 DC」も合わせて購入しました。こちらはたまたま見つけた感は否めないですが、普通に動くので状況に合わせて使いわけて行きたいと思います。
記事検索
月別アーカイブ
カウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード