2013年04月

ガチのカメラマンはすげ〜

01

昨日は、横浜のファッションショー撮影の後、ガチのプロカメラマンさん達にお会いしてきました。

1人は前回お会いしたBさんです。この方は超有名な外国のファッション誌の撮影などもしている凄い方であとの2人はカンボジアで一流アーティストや高級ウエディングのビデオや写真撮影を行っている会社の経営者の方です。

写真を見せてもらいましたが凄いとしか言い様がありませんでした。あれが真のアートですね。あれに比べると僕のはただの記録でしかないと思ってしまいます。

上には上がいるんだなと思い知らされる1日でした。とは言っても僕が出来る事を日々続けることが大事なんですけどね。

PS>今日の写真は「アート」で検索して見つけた拾い物の画像です。

白ホリスタジオでの撮影

500-00209

23日は秋葉原の白ホリゾントのスタジオで撮影をして来ました。このスタジオは格安で3灯のモノブロックストロボを使って撮影が出来ます。夜の部は4時間で、男性3150円、女性2100円と格安なスタジオです。なぜ性別で価格が異なるのが謎ですがどっちにしても安いです。

モノブロックストロボはTカメラマンのスタジオで勉強していましたが、このスタジオはそれよりかなり狭いのと上から吊るされているので若干自由度が低かったのですが、なんとか撮ることが出来ました。

後半はバックの色を変え、赤を選んでみました。モデルさんの衣装がブルーだったので思い切った選択でしたが、なかなか悪くないと思います。でもさすが格安スタジオなのでコストがかからないように考えられています。通常はバック紙を使いますが、これは赤い絨毯でした。絨毯なら繰り返し使えてエコです。

まだまだモノブロック撮影は課題もありますが、色々経験を積んでさらに腕を上げて行きたいと思います。

スピードライトトランスミッターなるもの!

500-41n+I4slKoL

今日もコスプレのスタジオ撮影に行ってきました。早速写真をアップしたいところですが、今データをモデルさんに送って使用許可を取っているので少々お待ちください。

今日のスタジオでご一緒させて頂いたカメラマンはCanonの6Dを使っていらっしゃいました。クリップオンストロボ2台をワイヤレスで使っていました。

僕のSONYのカメラでも似たような事は出来るのですが、マスターを内蔵ストロボもしくはホットシューにつけた外部ストロボにしなければなりません。すると正面もしくはバウンスでどうしても前方に発光しなければなりません。前方から必要な時はいいのですが、レンブラント(斜め45度)やスプリット(真横)から当てたい時は干渉してしまいます。

しかしCanonからはスピードライトトランスミッターという商品が出ており、正面の光を出さずにワイヤレスで制御が可能です。多灯発光では光のバランスでライティングを組みますので結構これが重要です。

SONYからもぜひ出して欲しいのですが・・・恐らくその予定は無さそうですね。

また、今日アマゾンで頼んでいたミニ三脚と新しいストラップが届きましたので写真だけアップしておきます。

_AA1500_

_AA1500_

初コスプレ・スタジオ撮影◆ 楚紊離好織献編〜

500-MO20130416 691

昨日は初コスプレ・スタジオ撮影の事を書きましたが、今日はその続きです。

今回一番驚いたのは「水のスタジオ」です。スタジオのオーナーさんいわくこれがあるのはうちくらいだろうとのことでした。ここは床に水を撒いてあり、上からはシャワー状に水が流せるので雨のイメージを撮ることが出来ます。またモデルさんが動くと波紋が出来るのでこれもいい感じです。そして話には聞いていましたが、「血のり」も登場し、僕の想像を完全に超えた撮影になりました。

500-MO20130416 632

4月とはいえ、流石に水シャワー状態なのでモデルさんは完全に震えてましたが、この方は作品に対する思いが強く最後まで頑張ってくれました。ここでのライティングは僕にはお手上げだったのでスタジオオーナーさんがほとんど組んでくれました。最終的には真横からのスプリットになりました。1灯ライティングは真横からのスプリットと斜め45度からのレンブラントがいい雰囲気が出せるようです。特にコスプレ系は雰囲気モノなのでいろいろ応用出来そうです。

あとこのモデルさんはとにかく眼力があってどんな構図やポーズでもとてもカッコ良く撮ることが出来ました。モデルさんが良くてライティングが完璧ならカメラマンはシャッター切るだけのスイッチ係になってしまうんだなと改めて思いました。今回は男装のみでしたが、女装の写真も見せてもらったらとても美しく次回は女装もという話になりました。男装の方が難しいという話もありますが、どちらも上手に撮れるようになりたいです。

500-MO20130416 377

PS>今日のモデルさんはハンドルネーム:くもきちさんです。

初コスプレ・スタジオ撮影  船好癲璽マシン編〜

昨日は、人生初のコスプレのスタジオ撮影に参加させて頂きました。

スタジオ撮影は、Tカメラマンのスタジオで約2ヶ月間勉強してきましたが、コスプレのスタジオはちょっと思考が違うようです。Tカメラマンのスタジオは「背景紙にモノブロック3台」というセットですが、今回は「自然光無しの黒バックスタジオ」、「太陽光メインの白バックスタジオ」、「水のスタジオ」という構成でした。

500-MO20130416 111

最初は「自然光無しの黒バックスタジオ」です。ここではモデルさんの後ろから色セロファンを貼ったクリップオンをセットし、スモークマシンで煙を出します。斜め前からモノブロック1灯を当てるレンブラントスタイルです。セロファンの色が煙に写って幻想的な感じになります。

500-MO20130416 347

あまりの僕の熱血ポーズ指導でモデルさんも泣いてしまいました。いやいや、そうではなく「太陽光メインの白バックスタジオ」に移動し、モデルさんから涙を写して欲しいという注文に答えて撮ってみました。何度か挑戦し良い感じに撮ることが出来ました。

500-MO20130416 571

最後は、衣装チェンジし可愛らしい感じに変身です。今回は3人のモデルさんと一緒でしたが、リーダーから魅力的なおっぱいを撮るように言われ頑張って撮りました。可愛く写っていますがモデルさんは手がプルプルになりながらポーズを取ってくれています。最初は開放F1.4で撮っていましたが、読者心理を考え絞って撮ったのは僕の読者への気遣いです。(意味わかるかな?)

次回は「水のスタジオ」のレポートをしようと思います。

PS>今日のモデルさんはハンドルネーム:庶務さんです。とても可愛らしく終始ドキドキでした。

Canon 7D+SIGMAの組み合わせは早い!

500-K0000055429

500-6034498141_4184c927f6

僕がいつもイベント撮影で使うのがSONYカメラ α700+TAMRONレンズ 200-500mmの組み合わせです。先日少し触れましたが同行のAカメラマン用に会社からSIGMAのレンズを借りてきてCanonカメラ 7D+SIGMAレンズ 170-500mm(旧型)を使いましたが、こっちの組み合わせの方がオートフォーカスが早いことがわかりました。

この事を我が師匠Tカメラマンに相談したところカメラとレンズの組み合わせには相性があることを教えてくれました。元々SONYのカメラはオートフォーカスが早いという話は聞かないのでそれもあるかも知れませんが、そこだけをピックアップすると環境チェンジもありのように思えて来ました。思い立ったらすぐ調査が僕のモットーなので早速Aカメラマンと市場調査に行きました。

イベントは基本超望遠がメインですが、全体や会場の雰囲気もおさえておきたいので焦点距離が幅広いと1本のレンズで済み助かります。それを考えるとSIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM というレンズは50-500mmというレンズは焦点距離的には無敵です。ただカメラとの相性がどうかと言うところが気になりますのでCanon 7Dに付けて試してみると悪くない印象です。

んーーこの組み合わせやばいです。僕もCanon 7D欲しくなっちゃいました。中古屋さんで縦位置グリップも見てみると12000円で出ていてちょっと物欲をソソられている感じです。

ピーカン(晴天)撮影はまだまだだなあ!

500-MO20130413 102

昨日も撮影に出かけていました。昨日の関東地方はピーカンでした。ピーカンって何って思われるかと思いますが、晴天の事を言うそうでカメラマンはよく使います。

ただピーカン撮影はなかなか難しいです。よく考えたらハウステンボスでのショー撮影以来していなかった事もありますが本当に僕は上手くありません。昨日は特に太陽光が強く本当に難しかったです。ちょっと油断すると白く飛んでしまうし、だからと言って角度を変えたりすると顔が影になったりと本当に難しいです。あと、液晶画面がよく見えないのでちゃんと撮れてるかもしっかり確認も出来ないので本当に不安でした。

昨日は趣味の撮影でしたが、普段の撮影通り必ずOK写真は出さないと気もすみませんので、木陰に入りストロボ撮影でOK写真を出し、まあ何とかという感じですがやっぱりもっと上手くならないとダメですね。室内でなんとなく撮れてる気になっていましたが、いろんな条件の中でも平均的に合格点の写真を出せるカメラマンにならないといけないなと改めて思いました。

PS>今日の写真は現場で咲いていた花です。

最高値を使えばいい写真ってわけじゃない

500-DSC09268

最近は、この間入手した50mm F1.4レンズで猫ばっかり撮っています。人物はこの間ピン甘すぎて死亡しましたので、リベンジ機会を伺っている感じです。

普段使っているF2.8よりずっとシビアなレンズですが、だからこそ面白いところもあり奥が深いです。ただ最近思ってきたんですが、なんでもF1.4で撮るのは初めてデジ一を手にした時の背景ボケるからボカすことだけに注力していた素人考えと同じじゃないかということです。

そういえば音楽学校でドラムの先生が「自分の出せる最高音量を上げろ」と言っていたのを思い出しました。ダイナミックレンジの話しなんですが、最大音量と最低音量の差がそのレンジになるので音楽の幅が広がるわけです。最低音量は物理的にある程度までしか無理ですが、最大音量を上げておけばその差で勝負出来るからと言う事なんだと思います。レンズも一緒なんですよね。F1.4を最大音量と同じだと考えると写真の幅も広がります。音楽でもそうですが、いつも100%の最大音量で弾いていたら面白味もなにも無いわけで「ここぞ」という時に使うのがアーティストってもんです。

まあ、何をいまさらと言われてしまいそうですが、全てはバランスの中での話しなのでいいバランス感覚を身につけられるようになりたいです。(いろんな意味で・・・)

フォーカスロックが効かないと思っていたら・・・

500-DSC09265

先日の撮影で50m F1.4単焦点レンズを実戦投入してみました。

F1.4なのでピントはかなりシビアなのでフォーカスロックを使ってしっかり顔に合わせようと思いました。ただそれでもすぐにピントが外れてしまいます。レンズがシビアだからなのかと思って事実上のオートであるワイドフォーカスエリアで撮って誤魔化しました。家に帰って確認するとやっぱりピントがいまいちでした。流石にF1.4だと別のところにピントが合っていると顔は完全にボケてしまいます。

あとでカメラを見なおしてみると「コンティニュアスAF」になっていました。このモードは動的な被写体にピントを合わせ続けるモードです。スポーツや子供など予測不能な動きをする被写体を追ってくれるので便利ですが、そうでないときはピントがあちこちに行ってしまいます。フォーカスロックしてもすぐにピントが変わってしまうのは当然でした。

なんとも基礎的なミスです。今は「AF制御自動切り替えモード」にしています。もしくは「シングルAF」にするのが正解でした。現場で慌てていたとは言え痛恨のミスです。やっぱり撮影環境が異なるときは基礎から設定を見なおさないとダメだということを思い知らされました。

PS>今日の写真は僕のα700のAFモード切替スイッチです。

公人と個人

先日、ある方にご指摘を受け僕も公人と個人を使い分けることにしました。

撮影や取材活動などは実名漢字で行う事にし、プライベートな日記やSNSとはわけることにしました。公人としては公正な立場で活動すべきだと思いますし、個人としては言いたいことは言いたいと思いますので正しい選択だと思っています。

ネットの世界は活字なので意外と分けやすい気がします。ただ情報を誤れば拡散も早いし危険なこともあります。また拡散が早いということは信用の失墜も早いということです。個人の落ち度により、公人の信用の失墜を避けることも大人としてのマナーだと思います。

α700がもう1台


500-DSC09257

今日は嬉しいことが1つ!

僕のカメラの相棒の1人H氏は僕と同じSONYユーザーです。彼は既に最新型のα99と僕の気になっている男らしいカメラα900を持っているのでα700はあまり使っていないそうです。良かったら使いますと天の助けのようなお言葉を頂きました。

そして今日僕の家の近くまでわざわざ届けてくれました。2台持ちの時に今まではα700とα550を使っていて操作が若干違うので、現場で混同してしまう事が多くありました。同じカメラならそれもなくなります。α550は性能は悪くはありませんが、見た目がプロっぽくないのでその問題も解決です。(写真はカッコから入るものではありませんが・・・)

もっと嬉しいのは僕が欲しかった50mmF1.4のレンズも合わせて使ってよいとのことで付けてくれたことです。F1.4はピントがとてもシビアですが、ぼけ具合が素晴らしいです。2枚目の写真は手の1m位後ろに愛猫のちょこがいますが、ぼけていて何だかわからないくらいです。ほんのりグレーなのがちょこの頭の模様です。(3枚目の写真がはっきり写したちょこの頭です。)

500-DSC09271

500-DSC09256

これからはこの2台でいろいろ撮っていこうと思います。3月は撮影がいっぱいあったのに4月は月末までないのがちょっと残念です。早く2台持ちを試したいです。
記事検索
月別アーカイブ
カウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード