2012年12月

モノブロック大作戦はまずまず成功

500-HVL-F43AM

昨日の日記にも書きましたが今日はモノブロックを持ち込み囲み取材を行いました。

他のカメラマンさんからそれ持って来ちゃった的な見方を若干されましたが、特に問題ありませんでした。Tカメラマンに連写で撮ってもらいましたが約3分間で185枚撮れました。また写真の仕上がりはバウンスさせたこともあり柔らかに撮ることが出来ました。

重さを問わないのであればモノブロック持ち込み囲み取材はありだなという結果となりました。人数がいて運べればという条件付きではありますけど・・・

ただ純正ストロボだと結構カメラの連射について来られるとTカメラマンが言っていたので調べてみるとSONY「HVL-F43AM」10コマ/秒で40回の連続撮影に追従可能(光量レベル1/32, ニッケル水素電池使用)との記載がありました。僕のカメラの連射がα700が5コマ/秒、α550が7.5コマ/秒なのでカメラの性能を上回っていました。という事はこれで充分との説もあります。本当に追従可能か銀座のSONYビルに行って試してこようと思います。

PS>今日の写真はSONY「HVL-F43AM」です。

囲み取材でモノブロックを使ってみよう

500-MO20121228 012

今日から大晦日まで今年の締めくくりとなるイベント撮影に行っています。今回のメンバーは今お世話になっているスタジオのTカメラマン、そして僕の撮影に度々参加してくれているIカメラマンです。今回はTカメラマンが囲み、僕とIカメラマンがステージという布陣で僕もたまに囲みに参加するパターンです。

囲みをやっているとストロボのチャージの早さが命です。ストロボのチャージが間に合わないと発光しないので暗い写真になってしまい使い物になりません。特に僕のはSONY純正ではないので遅いです。そこでTカメラマンと相談し明日はモノブロックを持ち込む事にしました。取材でモノブロックを使うのは初めてですし、使っている人を見たことがありません。それ以前に電源どうするのと疑問を持たれると思います。ただTカメラマンの「TOKISTAR e-Light G400A-D」は充電式のバッテリーが付いていてフル発光で300回発光できる仕様です。連写モードは1/32になるそうなのでさらに発光回数は増えます。

初の試みでちょっとドキドキですが、試せることは何でもやってみようと思います。

モノブロックの種類

500-DSC00526

500-DSC00536

撮影スタジオで修行をはじめて何日か立ちました。最初は数えていたのですがもう何日目か忘れました。スタジオ撮影で大事なことが少しづつですがわかってきました。

いつものイベント撮影では、光はステージから出ているのでそれを上手く見極め、タイミングを見てシャッターを切ります。単純に明るい照明の方が撮りやすいし綺麗に写るのでそこを狙うことが多いです。ある意味光は相手任せの撮影になります。

それに対してスタジオの撮影は光をコントロールする事に始まります。T氏は「スタジオカメラマンは照明技師でもある」と言っていましたが、まさにその通りだと思います。逆に照明さえ決めてもらえれば僕でも始めたばかりの初心者カメラマンでもそこそこ上手に撮れます。

スタジオでよく使われているのが「モノブロック」と呼ばれるストロボです。電源も内蔵されているのでコンセントにさせばすぐに使えて便利です。それに対し、電源部と光源部が別々になった「ジェネレーター型」もあります。こちらは重さや機動力では「モノブロック」には負けますが、圧倒的な光量があります。

「モノブロック」は1台でももちろん使用可能ですが通常2、3台を組み合わせて使います。1台だと影になってしまうところを複数で補い影を消して使うことが多いです。複数のストロボを1回のシャッターで光らせるのにどうしているか謎でしたが上手い仕組みで出来ているので今日はそれについて説明したいと思います。

仝シンクロ式
一般的な方式だと思いますが、カメラと1台のストロボをシンクロケーブルで接続します。他のストロボ(スレーブ)はCELLをオンにしておきます。カメラのシャッターを切るとマスターとなる1台目が光り、その光をスレーブの器機が関知し同時に発光します。(写真のCELLのスイッチがオンオフ切替です。)

▲螢皀灰鷦
モノブロックにリモコンが付いているタイプでワイヤレスで発光が出来ます。ワイヤレスなのでケーブルをつなぐ必要もありませんし、リモコンで各モノブロックの光量設定も出来るので、設定を変えるためにわざわざモノブロックの所に行く必要もありません。リモコン式でも 光シンクロの機能が付いていることがほとんどなので、こちらの方が使用方法の幅は広いと言えると思います。

PS>今日の写真1、2枚目は「COMET TWINKLE 04 F掘廚函TOKISTAR e-Light G400A-D」です。G400A-Dはリモコン式です。3枚目は今日の撮影機材です。先日買ったCAPTAIN STAGのキャリーがいい感じです。

500-DSC00538

NEX用55ー210mmレンズがお蔵入り?!

500-SEL55210

先日普段用のカメラNEX-5Nを購入した件は報告したかと思います。

今回は標準の18-55mmレンズと望遠の55ー210mmレンズの2本が付いたダブルズームのキットを購入しています。一番の理由はあとで 55ー210mmレンズを単体で購入するよりダブルズームで購入した方が割安だからです。

しかし55ー210mmレンズを使う機会がとても少ないです。Aマウントの大きなカメラでも皆がよく使う70-200mmレンズを僕はあまり使いません。僕の撮ろうとする物がこの長さのレンズを必要としないのかも知れませんが、どうも使用頻度が少ないです。(そのくせ皆があまり持っていない200ー500mmをよく使っています。)

特にNEXは普段使い用なので本当に55ー210mmレンズの出番が少ないです。せっかくちょっと無理して買ったのにこれでは「宝の持ち腐れ」です。このレンズをそうしないためには今までに撮っていなかった新しい被写体を見つけないといけないかも知れませんね。まあレンズを使うために被写体を探すというのもちょっとナンセンスな話なんですけどね?!

カメラの保険がおりました

500-au-sonpo

先日愛用のNEX-3を盗難に遭ってしまったことを書きました。

友人に教えてもらっていた「au損保」に入っていたので申請をしていましたが、保険金の支払いを受けることが出来ました。警察のへの被害届から保険会社の調査の人との現場での確認など手続きはいろいろ踏みましたが無事保険がおりて良かったです。というかNEX-5Nを既に購入してしまっていたのでどうしてもおりて欲しかったのでとても嬉しいです。

NEX-3は約1年半使っていたので、それを現在の価値で計算するとマイナス15%になるそうです。購入額の85%から3000円を引いた額面を支払ってくれました。

愛機が盗まれてしまったのは悲しいですが、 「au損保」のおかげで金銭的ダメージは少なくて済みました。予想以上に保険金も出していただいたので助かりました。

感謝の意味も込めてここでWEBサイトを紹介します。保険料も安いし対応もいいのでオススメな保険です。

・au損保

カメラバックとキャリーはこれで決定!

数回にわたってカメラバックについて書いてきましたが、やっと決めました。

アルミケースも最後まで悩んだのですが、箱の上に立てなくはないのですが、やっぱり不安定なのでやめました。縦位置にしたときにゴム足でも着いていれば安定すると思うのですがそもそもそういう使い方を想定して作っていないと思います。やっぱり足場がしっかりしないといい写真は撮れないだろうという判断です。となると脚立を持ち込むのでキャリーにこだわることにしました。本当はカメラ用品メーカーのLPLの物が良かったのですが赤いタイヤがデザイン的に気に入らなかったのと高かったのでほぼ同じ仕様のCAPTAIN STAGの物にしました。こちらは年末の撮影に間に合うように注文し26日に届く予定です。

【キャリー】CAPTAIN STAG イージーステップ3輪キャリー M-7438

_AA1500_

_AA1500_

そしてカバンは エツミが販売しているf.64 シリーズの物にしました。こちらは若干高いのですが、デザインが良いのと高さがあるのが決め手でした。200−500mmのレンズはかなり長いので今までは横にして入れていましたが、これなら高さがあるので立てて入れることが出来ます。こちらは来年早々に購入したいと思っています。

【カメラバック】エツミ f.64 SCT-B
あとは一脚の買い換えも検討しているのですがこちらはなかなか決めあぐねています。たぶん年明けになると思いますが購入したいと思っています。

M兄貴をスタジオ撮影

500-DSC07225

書くのを忘れていましたが週末セッションで一緒だったM兄貴を今お世話になっているTカメラマンの撮影スタジオで撮影しました。前回は船橋の自宅で撮りましたが今回はちゃんとしたスタジオでの撮影です。

M兄貴がこんな風に撮りたいと言うのでTカメラマンに相談すると近い感じで撮ることが出来ました。さすがにプロカメラマンは凄いです。この写真を見てこうやって撮ってるというのを再現できるわけですからね。僕らバンドマンの耳コピのような事を写真でやってしまいます。

同じ構図だけだとちょっと飽きて来てしまいました。そこでTカメラマンに再度相談するとアーティスティックに見えるライティングを教えてくれました。モノブロックの前にシネマホイールもしくはブラックアルミと呼ばれるアルミ箔を黒く塗ったようなものを取り付け、それをつぼめて光がライン状に出るようにセットします。そうすることにより光の当たる部分が狭くなり幻想的な感じに写ります。

500-RHslct_mono_1224

M兄貴は普段は芸人かと思えるくらい面白い人ですが、今日はプロのミュージシャンに見えました。(おっと失礼!)

・M兄貴 〜Takashi Matsudairaのブログ〜

PS>今日の写真は今回撮った写真と撮影に使ったモノブロックです。前に黒い物が付いているのがわかると思います。

カメラバック再考 〜アルミケース編〜

昨日は美容院に行ってカットしてから近所のビックカメラに行ってきました。ここには僕が欲しかった一脚で廃盤になったSLIKのプロポッド600がありそれと他のものを比較出来るので見てきました。

カメラバックも見たかったので撮影もないのに長いレンズを持って実際に入れてみました。前回紹介した「エツミ エパショルダーL E-3248」「エツミ f.64 SCT-B」には入る事がわかりましたが、昨日紹介した 「HAKUBA ピクスギア リッジIII カメラバッグ L」はちょっと厳しいことがわかりました。

棚の上段を見るとアルミなのに1万円を切っている物を見つけました。僕が見たのはLサイズだったのでギリギリでしたが、さらに上にLLサイズがありこっちなら脚立代わりにしても高さも問題無さそうです。

.┘張 ライトアルミNXアタッシュLL E-9027
41Z1VC99CoL


家に帰ってさらに探してみると三脚やカメラバックなどで有名な Vanguardも出していて13000円くらいで売っていることがわかりました。おまけにこっちはキャリーもセットになっているようなので追加購入の必要がありません。ただ所詮セットなので後で単体で買った方が良いかも知れません。

Vanguard カメラ機材用ハードケース VGP-300W
41KCj-Zsp8L

キャリーも折りたたみ式より伸縮式の方が格好いいなと思いましたので紹介します。昨日紹介した3車輪付きのものは段差に強くて良さそうですが見た目も重視なので正直迷います。

LPL ハンディーカート HC-400R
500-100000001000222191_10204

カメラバック再考

先日もカメラバックの購入を考えていることを書きましたが、またいろいろと考えています。

こいつ買うと決めてもなかなか買わないなと思っている方も多いかも知れません。所詮バックなので最終的には必要な物が全ては入ればそれでいいのですが迷っている時を楽しんでいるわけです。ある意味買い物が趣味なのかも知れませんね。

さてそんな中で気になった物を今日は3つ紹介します。

MONO COMME CA 「トランクキャリーバッグ」

これはカメラ用ではありません。渋谷を歩いているときにコムサで見かけました。普通のスーツケースでもサイズ的には良いのですが、柔らかいので座ることが出来ません。このケース堅めに出来ていて耐荷重10kgと記載がありましたが僕が座っても潰れませんでした。取材の時は長時間なのに座れないことが多いので今までは脚立を持ち歩いていましたがこれならバックと兼任出来て便利そうです。本当はアルミ製だと上に立つことも出来るのでベストなのですが価格が高くなってしまうのが残念です。

500-95-60JR01_color_0450_1200x1200

HAKUBA 「ピクスギア リッジIII カメラバッグ L」

これは恐らくビデオカメラ用ですが、サイズが大きく僕が入れたい長レンズ2本入れても問題無さそうです。おまけに価格が安いのも良いです。後、見るからにカメラバックなので現場に行ってもプロに見えるのではったりにもなるかも知れません。

500-4977187248388_00100

LPL 「ハンディカート HC-300」

最後はカートなのですが、車輪が3つ付いていて段差にも強い仕様です。やっぱり電車移動だと段差は付き物ですからこういうこれもポイントが高いです。“嵬椶離丱奪より機動力は高そうです。

_AA1062_

といろいろあって悩みますが一番良いものを選びたいと思います。

元巨人の宮本投手に遭遇!

500-others100305_2_title

今日は撮影研修4日目です。昨日の続きの財布の撮影をして午後からはTカメラマンが新設に関わった新しいスタジオを見てきました。Tカメラマンのスタジオはライティングをばっちり作って使うタイプのスタジオですが、今日行ったところは俗に言うハウススタジオです。壁紙も1部屋に3種類、他に和室などもあり、いろいろなシチュエーションでの撮影ができそうです。まだ家具類の搬入がされていませんでしたが、写真を見せてもらうと日常生活には、ほぼ出てこないような家具が入るようなので完成がとても楽しみです。

そろそろ「前置きが長いぞ」と突っ込まれそうなので元に戻ります。スタジオへの移動中に電車内でなにか撮影をしていました。最初は遠くだったので何の撮影かわかりませんでしたが、2駅くらい乗っていると撮影隊が僕らの近くに来ました。よく見ると元巨人の投手で今はスポーツキャスターやタレントとして活躍されている 「宮本和知さん」でした。おそらく旅番組かと思いますが、電車の中で有名人に会うという人生初体験をしました。

*写真は拾い物の「宮本和知さん」の写真です。

写真研修2〜3日目 物撮り編

500-DSC00450

カメラ研修をはじめて今日で3日目となります。1日目から数えると4日目じゃないと突っ込んだ方正解です。実は2日目に当たる17日はイベント撮影に行っていました。

2日目からはいきなり実践で、数珠と皮小物の撮影でした。ライティングはいきなりは出来ないのでTカメラマンに組んでもらい撮影しました。最初は黒のベルベット生地において撮影したのですが、数珠の木箱から出る木くずで小さな白点が写ってしまい全てやり直しになってしまいました。結局、紙の上に置いて撮影しこちらは無事完了しました。

その後、皮の長財布を撮影したのですが、皮は反射も多いし、硬いのでなかなか言うことを聞いてくれません。ただTカメラマンから同じ目線、視点からだけではなく他の見方をすることを教わりました。横から見てもダメでも上からならOKなこともありますし、その逆もあります。

ただ同じ商品の色違いを並べて撮影するのにかなり手間取り、なかなか数をこなすことが出来ませんでした。集合写真と一緒でこの子は良いけどこの子はイマイチみたいな状況になってなかなかいいショットが撮れません。

まだ3日目なのでいきなり出来るわけではありませんが、少しずつマスターしていきたいと思います。

*今日の写真はカメラ側から見た撮影ブースです。

カメラ研修1日目

今日は撮影研修の1日目です。唐突で何のことかわからないと思います。仕事をやめてしまったので求職状態ですが、せっかくなのでしっかりとカメラの勉強をしようと思っています。前から撮影で親しくしてもらっているプロカメラマンT氏の元で1ヶ月しっかり勉強してくる予定です。

今日はいきなり実践で撮影ではなくモデルをしてきました。とは言っても通販サイト用のカバンやリックサックの野外撮影なので後ろ姿だけです。一概に撮影と言ってもシチュエーションによって異なり、全てがスタジオ撮影という訳ではありません。今回はクライアントから野外の自然光で撮って欲しいというリクエストがあったのでそれに対応した形です。

その後、知り合いから頼まれた海外雑誌の撮影にモデルをキャスティングをしていたので見に行ってきました。こちらは若い女性ばかりで圧倒されてしまいました。「ライブ帰りの東京の女の子」というテーマで、それを事務所を通して伝えてあったのですが、モデルさんそれぞれにいろいろな解釈があるんだなと関心してしまいました。

何だか長い一日でしたがとても楽しめました。明日はイベントの撮影に参加してきます。

Android端末からニュースをFacebookやGoogle+に共有したい(その3)

500-gr

最近Android端末からFacebookやGoogle+、Twitterにつぶやきまくりです。理由は前の日記の通りAndroidからニュースにコメントをつけてアップするのが簡単になったからです。

Androidの良いところは起動が一瞬で思いついたらすぐに書くことが出来ることです。パソコンだと起動に時間がかかるので直感的ではありません。(既に起動済みならあんまり関係はないですけどね。)

また普段持ち歩いているのでカバンから出せば外出先でもいつでもつぶやけるのがいいです。ある意味いつでも世界のニュースに突っ込みを入れられる状況ですから・・・

そんな状況だとあらゆる物に突っ込みたくなってきました。いろいろ研究していくと最高の突っ込みツールをみつけました。(正確には前から使っていたツールなのでその機能をみつけたというのが正しいです。)

gReader(https://play.google.com/store/apps/details?id=com.noinnion.android.greader.reader&feature=search_result#?t=W251bGwsMSwxLDEsImNvbS5ub2lubmlvbi5hbmRyb2lkLmdyZWFkZXIucmVhZGVyIl0.)というツールです。Google Readerに登録してあるブログなどを一括で読めるRSSリーダーです。僕はこれに特価ブログ、カメラ新着情報、面白ネタ、友人のブログなどを登録してあります。今まではただ見てそうなんだと思っていただけですが、このアプリにも共有機能がついていて前出のニュースサイトのアプリと同じようにFacebookなどに投稿が出来ます。

これで共有が出来るということはRSSに対応しているブログなどは全て突っ込み対象になったということです。突っ込み対象の幅も広がったし、ますますつぶやきが増えそうです。

Kindleストアで電子書籍を初購入!

500-firkehdjp

今日はAmazonの「Kindleストア」で初めて電子書籍を買ってみました。

電子書籍はBookLive!やhontoで経験済みなので目新しくもありません。でもさすがにAmazonですね!購入方法がとにかく簡単です。Amazonのサイトを使い慣れているせいかもしれませんが、とにかく簡単に購入できます。また同期も優秀でAndroidで読んでいた本の続きをiPod Touchで読むことも可能です。

こんなに便利なので、紙の本を買わなくなるかも知れません。ただ雑誌や写真の多い本も今回買った文字だけの本のようにスラスラ読めるといいのですがKindleでは雑誌を取り扱っていないので未知数です。正直BookLive!やhontoで快適とはいえないので Kindleに期待したいです。

まだ電子書籍は始まったばかりなのでこれからどんどん進化していくと思います。音楽同様に配信が中心になっていくのは間違いなさそうです。CDショップや本店の将来が心配ではありますが、便利になるのは消費者としては歓迎すべきことだと思います。

Android端末からニュースをFacebookやGoogle+に共有したい(その2)

昨日はAndroid端末からニュース記事をFacebookやGoogle+に投稿する話を書きました。

Facebookへの投稿は出来るのですが、Google+に出来ないものが多いと書きましたがさらに見つけ両方に対応しているものを見つけました。昨日見つけたLDNReaderも含め紹介したいと思います。

あと使ってみてわかったことも1つ報告します。僕はFacebookとTwitterを連携しているので通常Facebookに投稿すると同じ内容が自動的にTwitterにも掲載されますが、ニュースアプリ経由だとそれがされません。掲載したい場合は別途Twitterにも投稿が必要です。同様にTwitterとmixiボイスも連携していますがこちらは自動的に掲載されることも確認しています。

Yahoo!ヘッドライン

エキサイトニュース
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.excite.news&feature=search_result#?t=W251bGwsMSwyLDEsImpwLmNvLmV4Y2l0ZS5uZXdzIl0.

LDNReader(livedoor ニュース)

週刊アスキーPLUS for Android

Android端末からニュースをFacebookやGoogle+に共有したい

500-fb

僕はニュース記事をFacebookやGoogle+に投稿してこう思うとか、それはおかしいとかコメントをつけています。

パソコンからアップすると詳細分が出たり、ニュースについている写真が出たりして後で見やすいのですがAndroid端末からアップするとそれが出ないのでちょっと見にくいです。書くのは僕で見るのは他人だから一手間かけて下さいよと言いたいところですが、「見にくい=見ない」となってしまい見てもらえないので少しでも見やすいように書くのが親切というものです。

そこでニュースサイトから出ているアプリのシェア機能で代用できないかと考えました。Facebook、Twitterへの投稿ができるアプリは多いのですが、Google+へは出来ないものが多くGoogle+ユーザーとしては全対応のものを探したいところです。

いろいろ調べたらLivedoorのLDNReder(https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.livedoor.ldnreader.android&hl=ja)なら両対応であることがわかりました。

これで外出先からも簡単に投稿できますね。

カメラバックにもこだわらないとダメと言われる

僕は最近の日記で新しいカメラバックが欲しいと思っていることは何度か書いていると思います。A型のせいか何かを買いたいと思ってもしっかりリサーチして納得が行くまで考えるところがあります。

先日ファッションショー&ライブイベントの撮影を手伝ってくれたプロカメラマンB氏と空き時間にいろいろ話した中でカメラバックの 話もしました。僕は今のバックだとカメラ1台が収まらず露出で持ち歩いているので、 単純にそれが収納出来ればいいという安直な考えで大きなバックを探していました。予算も安いに越したことはないと思っていました。ただB氏はバックは皆に見られるわけだから多少高くても良い物を買わないとダメだと言っていました。彼はプロなので現場でプロとして見られますから、その差はあるかも知れませんが一理あるかも知れません。

とは言っても一脚も欲しいし、α550の純正縦位置グリップも欲しいし、ストロボももう一台欲しいし、欲しい物もまだまだあるので、単純に経済的観点からバックにまで予算を回すのは難しいところです。

一通りそろったら高くても良いバックにしたいですが、それは次回にしようと思います。

*写真は今欲しいと思っているカメラバックです。

すらすらと日記を書ける日と書けない日

500-C6FCB5AD

日記に書きたいことがたくさんあって幾つもの日記を書ける日もありますが、パソコンに向かっても何も思いつかない日もあります。どうしてなのか自分でも不思議ですが書けないときはいくら考えてもダメです。

そういう日の為に書ける日にストックしておきます。ニュースではありませんが速報性のないものは後日でも大丈夫ですからね。

日記という本来の目的からちょっと外れていますが、毎日漏れなく出せる方が良いような気がします。といいつつ毎日出せない事も多いのですが・・・

引越を無事に完了

500-38

昨日は船橋の家からの引越を無事完了しました。

倉庫のサイズが半分になったのでかなりギリギリいっぱいな状況ですが全て入りました。結局大きな冷蔵庫、リビングテーブル、本棚、ソファーは捨てることにしました。冷蔵庫は引き取りに7000円もかかってしまいましたがあれを2Fからおろして2Fの倉庫に上げることを考えると処分しておいて良かったです。(まあどっちにしろ倉庫に入りませんでしたけどね。)

取り合えず、新居でパソコンの設置は終了し普段通りの作業を出来るところまで設定しました。よく考えたらパソコンとテレビ、カメラがあれば普段の事はだいたい出来ますからね。(一応ドラムスティック1セットも持って来ています。)

そしてそんな引越の翌日にファッションショーの撮影を入れてしまいました。正確にいうとファッションショーの前日に引越が決まったんですが・・・

いろいろな撮影をしていると前回も会った事があるカメラマンや記者さんと再び会うことがあります。すぐに図々しく仲良くなるのは得意なパターンなので次はどんな撮影に行くか聞いて今回のイベントを知りました。

今回はいつもの大きな会場とは違ってライブハウスでのショーです。キャパも1700名と小さいので被写体も近いと思われます。いつもと違う環境にまたチャレンジ出来ます。そのレポートも近々発表出来ると思います。

猫関連本2冊を購入しました

500-DSC00420

Amazonで面白そうな猫関連の本を見つけたので2冊買ってみました。

「ネコ好きが気になる50の疑問」と「ネコを長生きさせる50の秘訣」という本です。普段何気なく一緒に過ごしている猫ですが、実の所なにを考えているのか、本当にこの生活や対応の仕方で良いのかわからないものです。

やっぱりそうなんだと思うことも多くありましたが、本当はそうだったのかということもたくさん書いてありました。

ただ一概に猫と言っても十人十色なので全てが当てはまるわけでもありません。しかしこういう知識があって接しているのか、知識無く接しているのかで大きく変わると思いますので有意義な本だと思います。
記事検索
月別アーカイブ
カウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード