LG Ultra PC(AMD Ryzen 5)をメインパソコンに迎える

71qYklPXIxL._AC_SL1500_

僕の使用パソコンの構成構成は下記のようでした。

・メイン
DELL「Inspiron 15 3000シリーズ (3567)」

・モバイル
ASUS「E203MA-4000W」

メインの方は重すぎて実際にはモバイルの方を使っていました。Lightroomも回るので基本的に困ることはありませんでした。ただ他のもう少し写真編集や動画編集をしたいと思うと心元無いので思い切って、メインとモバイル両方を兼ね備えたパソコンを探しました。

今回見つけたのが、LG Ultra PC(13U70P-GR54J)です。

メーカー ‎LG
シリーズ ‎Ultra PC
CPUブランド ‎AMD
CPUタイプ ‎Ryzen 5 4500U
CPU速度         ‎2300 MHz
メモリ容量 ‎8 GB
SSD容量 ‎        512 GB
バッテリー寿命 ‎15.5時間
商品の寸法     20.7 x 30.7 x 1.5 cm
商品の重量 ‎980 g

一番はCPU性能の高さです。2番目は重さ、1kgを切っています。15.5時間のバッテリーもいい感じです。これならメインパソコンとしても十分に活躍できる上、軽いので持ち歩きも可能です。毎日持ち歩く僕の相棒になりそうです。

室内ポトレ撮影232回目 〜Yoshinoさん編〜

昨日は、パンクスタイルが印象的なYoshinoさんと撮影してきました。前回も紹介しましたが、美容師・HIROTOさんの作品撮りになります。今回は、室内だけでは無く街中でも撮っています。最初はストレートで、後半はウェーブでヘアアレンジが変わっています。それでは写真を紹介します。(今回も1枚ずつの解説は無しで行きます。)

MO20210629-00004

MO20210629-00012

MO20210629-00030

MO20210629-00045

MO20210629-00070

MO20210629-00105

MO20210629-00134

MO20210629-00142

MO20210629-00154

MO20210629-00162

MO20210629-00173

MO20210629-00203

MO20210629-00230

MO20210629-00259

MO20210629-00263

MO20210629-00264

MO20210629-00265

MO20210629-00273

MO20210629-00279

MO20210629-00287

MO20210629-00290

MO20210629-00298

MO20210629-00304

MO20210629-00313

MO20210629-00317






フラットディスク式の電動コーヒーミルを買う

51zhaF1ND1L._AC_SL1100_

僕の持っている今持っているコーヒーミルは下記の2つです。

1,手動ミル<コニカルカッター>
2,電動ミル<ブレードグラインダー(プロペラ式)>

電動ミルを買ってしまうと手動のミルは大変すぎて戻ることは出来ません。ただ今持っている電動ミルはプロペラ式なのでボタンを押している長さで豆の細かさを決めるため日によって大きさが変わってしまったり安定しません。構造上もあまり安定しないようです。

そうなると豆を引いた時点で日々味の違うコーヒーになってしまうので、もっと良いミルが欲しいと思うようになりました。喫茶店などでも使われているフラットカッター(フラットディスク式)だと安定することがわかり探すことにしました。

本格的な物だと大きいし、値段も高いのですが、カリタ ナイスカット(35000円程度)、ボンマック コーヒーミル(18000円程度)など小型で安いものがあることがわかりました。それでもそこそこ高いので、それのパチ物っぽい中国製のミルを見つけました。少し速度は落ちるという情報はYouTubeで見て知っていましたが自宅でそんなに早さは求めていないのでありかと思って購入してみました。

少し使ってみましたが、比較対象が無いので遅さは感じませんでしたし、設定でかなり細かく砕くことも出来ることがわかりました。今後は毎日使い道具になりそうです。

エスプレッソを飲みたくてDeLonghiエスプレッソマシンを購入!

main_bk

最近は、日々コーヒー雑貨を購入しています。ドリッパーも各社揃って来ています。基本的に日本でよく飲まれているコーヒーはドリップコーヒーと言われるお湯をコーヒーにかけて抽出するタイプです。

イタリアやフランスではエスプレッソコーヒーの方がポピュラーなようです。エスプレッソとは深煎りで微細に挽いたコーヒー豆を充填したフィルターに、沸騰水を加圧状態で濾すことで抽出されたコーヒーです。量は少なめなのですが、とても濃い味が特徴です。

エスプレッソを家で作るには、エスプレッソマシンと呼ばれる機械を使うか、直火式のマキネッタという器具を使うと出来ることがわかりました。DeLonghiからドリップもエスプレッソも作れる「BCO410J-B」という機械が出ていて、安くて良さそうだったので買ってみました。

これでお家でエスプレッソも作れるようになりました。ミルクの温めや泡立ても出来るようなので追々カフェラテやカプチーノにも挑戦しようと思っています。

フレンチプレスでコーヒーを楽しむ

519IiMYqt6L._AC_SL1000_

僕のコーヒーセットは基本ペーパードリップというスタイルです。ドリッパーにペーパーをつけて、それにコーヒーの粉を入れ、お湯を注ぐというスタイルです。一般的なコーヒーメーカーも基本的にこれと同じです。お湯を手で入れるか、機械が入れるかの違いです。

コーヒーにはそれ以外の抽出方法がありますが、今回フレンチプレスというスタイルをやってみたくて買ってきました。「パール金属(PEARL METAL) コーヒー プレス 350ml HB-552」です。喫茶店で紅茶を頼むと出てくるやつにそっくりですが、構造も全く同じですね。一応これはコーヒー用となっていますが、物によっては紅茶と兼用の物もあります。

使い方的には、コーヒーを入れ、お湯を注ぎ、4分くらい置いた後、上のバーを押し、カップに注ぐというスタイルです。ペーパードリップだと余分な成分はペーパーが抽出時に吸ってしまうのか出ないのですが、こちらだとコーヒーの味が全て出る感じです。逆に言うと良い豆で無いと難しいという説もあります。

コーヒーの楽しみ方が広がったのでこれもありかなと思っています。
記事検索
月別アーカイブ
カウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード